SCP-SCP-J

SCP-SCP-J - It's Scippy! (それはスキッピー!)
scippy.jpg
小さなクソ野郎 SCP-SCP-J
© daveyoufool 2015

Item #: SCP-SCP-J

Object Class: Keter

取扱方: SCP-SCP-Jが窒素や飢餓により死亡するかもしれないことを期待して、それをサイト-58の気密収容棟に収容します。ただし財団はその様な本当になったら素晴らしい可能性は、何らかのSCP-SCP-Jの関与により実現しないことを知っています。いかなる状況下でもSCP-SCP-Jを外に出すことは許されません。サイト-58において1件以上のEuclidまたはKeterオブジェクトの収容違反が発生した際は、SCP-SCP-Jを最優先で不運な死傷者にします。

概要: SCP-SCP-Jは、かつて「スキッピー(Scippy)」として知られていた、1994年以前のD-クラス職員の訓練ビデオで使用されていたカートゥーンマスコットです。1995/1/15に使用されなくなった後、SCP-SCP-Jはサイト-58においてクラス-B収容スペシャリストとして勤務していました。

SCP-SCP-Jの異常特性は、サイト-58の職員がどのような種類であれ事務作業を行おうとする時に明らかになります。

事件記録 95/5/8:
ヘンダーソン博士: 総員退避せよ。SCP-████の収容違反が発生している。全てのミッションクリティカルな職員は-

SCP-SCP-J: 収容違反に対応しているようですね。お手伝いしましょうか?

ヘンダーソン博士: 今はその時ではない、スキッピー。

SCP-SCP-J: 時刻は現在午後5時23分です。しかしおそらくあなたは手元にある問題に焦点を当てるべきです - 収容反はあなたが完全に注意を払って対処しなければならない非常に深刻な問題です!収容違反デスクに連絡しましたか?

ヘンダーソン博士: どいてくれ。私は収容室に行かねばならない。

SCP-SCP-J: 収容室?間違っています。収容違反が発生した場合は、収容違反デスクに通知する必要があります。これがステップ1です。ステップ2は-

ヘンダーソン博士: もしお前が今すぐ私の前からどかなければ、お前を非異常(non-anomalous)なウッドチッパーに頭からぶち込むぞ!

SCP-SCP-J: それは、特に収容違反の時に、時間を効果的に使用する方法ではないようですね。あなたのために収容違反デスクに連絡しておきましょうか?

SCP-████: ごちそうだ。

ヘンダーソン博士: [恐怖で悲鳴を上げる] 私の足を食べている - [死の音]

SCP-SCP-J: すみません、ランチタイムは4時間前です。

  • 最終更新:2016-11-23 17:58:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード