SCP-928

SCP-928 - The White King (白のキング)
© Dave Rapp 2009
le-romney-face.jpg
SCP-928

Item #: SCP-928

Object Class: Euclid-exsequi

取扱方:
SCP-928は、サイト-80に存在する3m×5mの収容室の遠い端に位置しているガラス製のショーケースで保管されます。ケースは、2つの鍵を併用することによって解錠することができます。これらの鍵は、現在ショート研究員とカプラン研究員によって管理されています。SCP-928が相互作用を起こす時は、少なくとも2人の職員が立ち会っている必要があります。

SCP-928は、音声と視覚の面で常に監視されていなければなりません。記録はサイト-80の職員によって分析されます。

SCP-928によって口述されるチェスの動きは、文書928-3に記録されなければなりません。SCP-928が行っているゲームを再現する試みは、現在進行中です。

概要:
SCP-928は、主に陶器と布で構成されている人形です。人形の目は動くことが可能で、通常は周囲に近付いた人間を目で追います。SCP-928はそれ以外に身体的な異常性は持ち合わせていません。

SCP-928は口を動かすことはできませんが、発声することが可能です。これらの発声は人間の中年男性のものと似ており、現在まで未確認のアクセントを持ち、一般的におしゃべりまたは何らかの説明の要請によって構成されています。背景のノイズを抽出して得られたデータの解析に基づき、SCP-928は十把一絡げの音を出しているというよりは、何らかの記録を再生しているのではないかと考えられています。注目されている背景のノイズは以下の通りです。

・おそらく遠くからのものと思われる爆発音や、重機あるいは地質学的なもの、気象現象と一致する鈍い音。
・未確認の、おそらく若い女性のものだろうと思われる声。通常警報音と共に聞こえる。
・高品質な変更を加えられたピアノと思われる楽器によって演奏される様々な音楽。人間の歌との類似点も指摘されたが、従来の楽器の音とは完全に一致しなかった。
・紙に走り書きをしているような音。

SCP-928は定期的に、カパブランカ・チェス (*1)のゲームの駒の動きと一致する命令を出します。 (*2)ほとんどの場合、命令は数週間から数ヶ月に渡って出されますが、命令から命令の間隔は3時間から8年に渡ります。命令は正式なチェスの表記法に必ずしも一致しませんが、理解をすることは可能です。

SCP-928が行っている対戦の状況と、口にする内容との関係ははっきりとは確立されていません。また、現在財団職員と会話しているとは考えられていません。重要であると考えられていない発声については、文書928-6で見ることができます。SCP-928を支配している実体およびその情報を確認することはできませんでした。

被験者がSCP-928の周囲3m以内に近付くと、SCP-928は消失し、数秒後に被験者の隣に再出現します。しかし、その範囲に少なくとももう1人いた場合、SCP-928はこの振る舞いを見せません。この振る舞いに曝露した被験者のおよそ65%は、曝露より4日のうちに様々な手段を用いて財団の監視下より脱し、戻ってくることはありません。 (*3)財団の監視下に留まった残りの35%は、誰一人として死亡せず、またいかなる種類の降格も受けませんでした。

確認することは技術的に不可能ですが、SCP-928の行動のタイミングと[編集済]の配置より、SCP-928の命令が現実世界で発生した出来事と対応していることがおおよその点で認められています。

SCP-928の補足文書にアクセス


  • 最終更新:2016-07-15 00:14:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード