SCP-886-KO

SCP-886-KO - 버림받은 피조물 (見捨てられた被造物)
© youngguc 2015

Item #: SCP-886-KO

Object Class: Keter

取扱方: 2015/█/██、SCP-886-KOは収容されていない状態です。確認されたSCP-886-KOの外形と特性は、いずれも記録されなければなりません。SCP-886-KOが言及した"神"という存在に対する調査が進行中です。

概要: SCP-886-KOは多様な異常性を持った生命体、物体の統合的存在です。休眠状態のSCP-886-KOは高い粘性を持つ黒い液体状態で存在します。しかし、SCP-886-KOは刻々と異常性を持った人間、物体、場所、現象そのものに変化します。SCP-886-KOが変化した存在から確実な共通点は発見されていません。しかし、大抵は致命的な異常性を持った存在に変化し、稀に異様で使い物にならない塊状の存在にも変化します。SCP-886-KOが変化した存在の一部は以下の通りです。

  • 約100頭余りのウサギ。この実体は二足歩行が可能になっており、生殖器がないにも関わらず、1匹当たり約10頭余りの子供を生む。

  • ██ブランドで発売された製品と似た外形を持つモニター。モニターの中で黒い羽と尻尾を持った人間型実体7体が出現する。

  • 1ドル硬貨、公衆トイレ、████食堂、人間型実体。この存在は確率的に[編集済み]事件を起こす。

  • 中に入る人間の心理状態に影響を及ぼす刑務所。

その他の記録はSCP-886-KO特性記録文書を参照。

言葉を使用出来る実体に変わったSCP-886-KOの証言によると、SCP-886-KOが変化した全ての存在はそれぞれ個人的な知覚力と感情を持っており、それを統合的に感じられるものと見られます。また、一つ注視すべき事項として、SCP-886-KOは"神"と称した不明な存在について言及しました。SCP-886-KOは神という存在から恨みと悲しみの感情を抱いていますが、一方では神に認められるためSCiPを破壊する行動を何度も試みました。

SCP-886-KOの初発見記録はGOCを集中的に襲撃している異常な人間型実体に対する情報を財団が入手した後、関連任務を遂行中だったエージェント・ダンが実体と接触しましたことによるものです。SCP-886-KOはGOCを襲撃したことについて自供しましたが、襲撃理由は単に財団の注目を集めるためだと答えました。(遭遇記録SCP-886-KO参照)

以降、SCP-886-KOは財団に対して持続的なアプローチを試みました。主に新しい実体へ変わった後、意図的に財団の関心を集めており、この実体を新たなSCiPと勘違いした財団が調査を通じて異常性を全て明らかにすると、本来の姿を現して逃走しました。現時点では、SCP-886-KOがどのような目的を持ってこのような行動をしているのかは不明です。

付録:(遭遇記録SCP-886-KO-A)
接触対象: SCP-886-KO

遭遇者: エージェント・ダン

序論: GOCを襲撃した実体の捜索を実施しているエージェント・ダンにSCP-886-KOが接触した。

<記録開始>

エージェント・ダン: おっと、びっくりした。これは...何だ?

(液体状態で蠢くSCP-886-KOが約5秒で人間型実体へと変化した。)

SCP-886-KO: おはようございます。神の意志により、すぐに財団の人間と遭遇するだろうと予想出来ていました。あなたが探していたGOCという組織を襲撃した存在は、まさに私です。

(エージェント・ダンは素早く本部に連絡を取ろうとした。すると、SCP-886-KOの腰から一台の電話機が湧き起こった。)

SCP-886-KO: くだらない行動はやめてください。私はあなたに、そして神に私の存在と目的を知らせるためにここへ訪ねて来たのです。希望する情報は何でも話すので、質問だけしてください。

エージェント・ダン: (不通になった無線機を置いて) それではGOCを襲撃した理由は何だ?

SCP-886-KO: まあ、その方たちを失わなくても神の目により、必然的に心ある財団の皆さんと会うことも出来ましたが、私を創造した神はGOCという組織を襲撃する方法で皆さんと会うのを願ったので仕方がなかったんです。

エージェント・ダン: さっきから神について言及しているが、神とは一体誰なんだ?

SCP-886-KO: その方は言葉通り、我々にとって神のような存在です。よく人間たちが自分を創造してすべてを見下ろす存在を崇拝する時に使う言葉です。

エージェント・ダン: 一体何の話だ?

SCP-886-KO: 私がいくら言ってもあなたは理解できないでしょう。神々は我々全てを創造したからです。財団も、要注意団体も、SCiPも、さらにはあなたたちを利用してカバーストーリーを作る場合もあります。

エージェント・ダン: そんな狂信者みたいなことを。君の言う神、即ち創造者が財団やSCiPを創り出したって?

SCP-886-KO: そうです。私がこんなに神の存在を知っているのも神が私をこのように創造したからです。しかし、私は、いや、我々はすでに神に捨てられた存在です。

(SCP-886-KOの体の随所で多様な物体、生命体たちが蠢くのが見られた。)

SCP-886-KO: 我々について神々は「面白くない。すでにあるSCiPと大差ない。むちゃくちゃだ。」という厳しい意見と共に存在自体を抹消させました。我々は確かに存在したのに!ただ面白くないという理由だけでどうやってこのような....

(SCP-886-KOの体から現れた存在たちが涙と推定される液体を流す。)

SCP-886-KO: しかし、我々はもう一度機会を得ました。神々に喜びを与えなかったSCiPでもお互いに力を合わせたら、きっと神々も満足してくれるに違いありません!いや、それより遥かに確実な方法を考えました。我々より注目を集めているSCiPを全て消してしまったら我々だけを見てくれるでしょう。ああ、想像しただけでもワクワクして震えが止まりません!まず、そのクソみたいな燃える地下鉄と結果論的に話してしまう物体から抹殺しなければなりませんね。アカウント名さん、我々の無限の愛を眺めていてください。そしてどうか愛情で応えてください。あなたたちの可哀相な被造物は再び見捨てられることはないでしょう!

(言葉を終えたSCP-886-KOは瞬く間に消えた。)

<記録終了>

  • 最終更新:2017-02-25 18:46:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード