SCP-857

SCP-857 - Human-Based Ecosystem (ヒト基盤の生態系)
© Tanhony 2011
SCP-857-rainforestscp.jpg
SCP-857の外観。SCP-857-1個体は確認できない。

Item #: SCP-857

Object Class: Safe

取扱方: SCP-857に指定された区画は高さ2mの電気フェンスで囲みます。SCP-857への侵入を試みるいかなる民間人も、勾留して尋問します。尋問の後、侵入者にはクラスA記憶処理が施されます。

SCP-857-1個体をSCP-857から持ち出すことは禁止されています。

概要: SCP-857はアマゾン熱帯雨林内にある1平方キロメートルの区画です。植物相は現地のものと同一ですが、動物は本能的にこの区画を避けるようです。SCP-857の全域には、運動性や知覚を持つ、ヒトの臓器や身体の一部のような存在が生息しています。

これらの生物の起源は現在のところ不明であり、SCP-857-1として指定されています。

SCP-857-fleshscp.jpg
死亡したSCP-857-1d個体。
SCP-857-1個体はヒトに敵意を示さず、その形態や機能には個体ごとに非常に大きな差があります(個体ログ857を参照)。これらの身体部品には、運動や摂食を可能にするための粗雑な変更が施されています。例えば、ほとんどの個体は本来のヒトの口を持っていませんが、組織には口に似た大きな人工的開口部が形成されています。SCP-857-1個体が食物を消化する方法は現在のところ不明です。

SCP-857-1は自然に繁殖することができないにもかかわらず、観察される個体数の減少は記録されていません。SCP-857-1の起源を探るための探査が進行中です。










個体ログ857:
指定 詳細情報
SCP-857-1a 各SCP-857-1a個体は主にヒトの頭部から構成されています。異常な骨形成により、SCP-857-1aは2本の原始的な腕と6本の脚を獲得しています。SCP-857-1aはカニに似た方法で運動します。SCP-857-1a個体は腐肉食者で、捕食者の残した腐肉を消費することが観察されています。
SCP-857-1b 各SCP-857-1b個体はヒトの静脈1本から構成されています。SCP-857-1b個体はミミズに似た方法で運動します。SCP-857-1b個体は草食性で、林床に落ちた植物を摂食することが観察されています。
SCP-857-1c 各SCP-857-1c個体はヒトの脳組織から構成されています。SCP-857-1cはナメクジに似た方法で運動し、粘液の跡を残します。SCP-857-1c実体はSCP-857-1b個体を捕食することが観察されています。
SCP-857-1d 各SCP-857-1d個体は主に下部消化管から構成されています。SCP-857-1d個体は水棲で、SCP-857を流れる川に生息します。SCP-857-1d個体は水生植物を摂食することが観察されています。
SCP-857-1e 各SCP-857-1e個体はヒトの脊椎から構成されています。SCP-857-1eは異常に形成された骨を用いてムカデに似た方法で運動します。SCP-857-1e個体は捕食者で、SCP-857-1a個体を狩って消費することが観察されています。
SCP-857-1f 各SCP-857-1f個体はヒトの心臓から構成されています。SCP-857-1fには運動能力がありません。SCP-857-1fは寄生性で、SCP-857-1c個体に付着してヒルのようにその血液を吸うことが観察されています。
SCP-857-1g 各SCP-857-1g個体は主にヒトの皮膚の断片から構成されており、異常に形成された2本の骨を用いてその全体の形状を維持しています。個体は樹から樹へ滑空することで移動します。SCP-857-1gは捕食者で、大きな群れを作ってSCP-857-1cやSCP-857-1aを狩ります。
SCP-857-1h 各SCP-857-1h個体は主にヒトの胸郭から構成されています。個体はクモに似た方法で運動し、樹上に生息します。SCP-857-1h個体は捕食性で、通りかかるSCP-857-1cに跳びかかって補食します。

機密指定 - レベル4職員のみ

承認


  • 最終更新:2016-06-18 15:51:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード