SCP-849

scpsensorydeprivation.jpg
保管中のSCP-849
SCP-849 – A Perfect Day (完璧な一日)
© Tanhony 2011

Item #: SCP-849

Object Class: Safe

取扱方:
SCP-849は現在、サイト██のストレージユニット██で密閉保存されています。SCP-849は5m×5mに寸法された封印された部屋に保ち、常に2人の警備員にガードさせてください。3日ごとに漏れ出ていないか確認してください。

SCP-849に許可なく入ろうとする者は、全て警備員によって止めさせ、心理学者████ █████の診察を受けさせてください。SCP-849を使用するためには、レベル4所持者1人の許可が必要です。

概要:
SCP-849は、████████, ███ ████の健康スパから財団によって回収された感覚遮断室です。SCP-849は3m×4mの白い寸法に、不透明な灰色の液体で満たされていました。人間(以後被験者と呼びます)に触れられると、液体は即座に被験者と身に着けたもの全てを物理的にSCP-849-1と名付けられた場所に移動させます。

SCP-849-1は、被験者の故郷もしくは被験者が“我が家”だと考えている場所を形作ります。SCP-849-1内の住民は、被験者と親しい間柄の人々ですが、彼ら本人が内部に住んでいるわけではなく、おそらくSCP-849-1内で模倣された存在でしょう。被験者が消失してから研究者が時間を計測したところ、SCP-849-1内では通常通りに時間が進むことが確認されました。

SCP-849-1に入ってから最初の17時間は、被験者は全ての物事が明確に幸運によって解決されているとはっきり分かること以外は、いつも通りの日常を過ごすでしょう。その埋め合わせとして、被験者は決まって、SCP-849-1にいる間中、住民に不当に扱われます。
scpglitch.jpg
変質した住民の例
SCP-849-1に入ってから17時間が経過すると、模倣の質が急激に落ちます。その過程の影響が含まれる範囲は限定されていません。

  • 奇怪で無意味な状況
  • 非論理的な、住民の存在と生物学的な変化
  • 不可能な幾何学

SCP-849-1内での最後の15分間、被験者はしばしばストレスと不安、重力といった物理法則の崩壊を報告しました。SCP-849-1に入ってから24時間後、全ての被験者は強制的にSCP-849-1から排出されました。

  • 最終更新:2016-06-18 15:48:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード