SCP-828

SCP-828 - ᖃᓪᓗᐱᓪᓗᐃᑦ (ᖃᓪᓗᐱᓪᓗᐃᑦ)
© Vivax 2015

Item #: SCP-828

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-828-1は北極諸島の一つ、サマーセット島の海岸から10キロメートル内陸に位置する、サイト-641の海棲哺乳類野生復帰センターに収容されています。サイト職員は対象に定期的に接触し、現地の心理士は定期的なインタビューを行ってください。これを容易とするため、SCP-828-1の行動範囲には制限が設けられ、GPSを備えた足輪によって監視下に置かれます。SCP-828-1が海から5キロメートル内に接近した場合、現場の保安要員はこれを阻止し封じ込め下に戻してください。サイト管理者の判断によって、SCP-828-1は収容室内に隔離される場合があります。SCP-828-1と思春期前のヒトの接触は認められません。これが発生した場合、SCP-828-1は収容室内に隔離されなければならず、続いて財団職員による独立した調査が行われます (*1)。SCP-828-1には地域に生息する魚類または小型鯨類を与えてください (*2)。SCP-828-1とSCP-828-2の接触は、制御された実験環境でのみ行われます。

SCP-828-2はカニンガム入江の施設に位置する、サイト-641の宗教的遺物保管庫で保管されます。隔週で劣化度合を検査し、隔月で織物の修復技術者によって変質を精査してください。修復は、伝統的な訓練を受けた現地のイヌイット族シャーマンの補助のもとで行われます。

概要: SCP-828-1は身長1.4メートルのヒト型生物で、瞳孔のない白い眼と、Alaria esculenta (*3)の分岐しない帯で構成された長い「髪」を持ちます。対象の皮膚はギスカジカ属 (Myoxocephalus) の魚類のものに類似しています。SCP-828-1は水陸両生ですが、10分以上水から離れると脱水症状に陥ります。対象の手足には遊泳のための水かきがあります。「髪」の医学的検査からは、その内部に血管網が広がっており、ガス交換を行っていることが示されました。対象の身体は衰弱しているようですが、未だ食物の要求は行っていません。SCP-828-1に食物を提供すると「儀礼的に」消費しますが、対象が定期的な食物摂取を必要とするかは不明です。対象は重度の虫歯を患った状態で発見されたため、封じ込め後には歯科治療と義歯が提供されました。対象の皮膚は水上において、あらゆる思春期前のヒト被験者が心地よいと感じる香気を発散します。重要な点として、これらの児童はインタビューにおいて、香気は「母親の匂いのようで」心が安らぐものであると述べています。対象の皮膚分泌物の分析では、フェロモンとして機能するであろう揮発性有機化合物の存在が明らかになりました。この化合物は、対象が児童と親密になろうとする行動を補助しているとの仮説が立てられています。作用機序の研究は進行中です。

SCP-828-1は封じ込め下において財団職員に非常に協力的です。心理分析によって、SCP-828-1は反復的な侵入的想起、不眠症、過覚醒などを含む心的外傷後ストレス障害の症状を呈していることが明らかになりました。逆説的ですが、これらの症状は海洋や海棲哺乳類、またはそれらの画像との接触により悪化します。また、SCP-828-1は財団や、財団と関わる人物との間にトラウマ性の絆を形成している徴候があります。心理士は、この絆を封じ込めや研究目的で利用することを推奨しています。

SCP-828-2は水没によって重度の損傷を受けたアマウティ (*4)で、SCP-828-1が封じ込め下に入る前に着用していました。素材はアザラシの毛皮、カリブーの革、厚い毛織のダッフルで、伝統的にイヌイットの衣服として用いられるものです。SCP-828-1が衣服のフードに児童を入れている間、児童は低温や高圧の影響を受けず、呼吸の必要がありません。SCP-828-2の内部にいる間も、児童は意識を保っています。

回収: SCP-828はカナダ、パングナータングで回収されました。これは、突然の嵐で遭難したと考えられていたネイサン・カピクという児童が、放棄された無人島であるイグルンガ (Iglunga) 島で漁師により発見された後のことです。次のインタビューは、王立カナダ騎馬警察の地域代表者によって行われました。
回答者: ネイサン・カピク

質問者: フィリグリー伍長

前書: 次のインタビューは児童の回収後に行われた。イヌクティトゥット語により転写された原文は要求に応じて利用可能である。

表示


失踪した児童が発見されてから数週間のうちに、港の周りに奇怪な海獣がいるとの噂が町に流れ始めました。桟橋で奇妙な人物が繰り返し目撃され、憶測や伝聞はさらに広まりました。サイト-641に駐留するシャーマンであるテリアク・ルシャトリエは家族からこの噂を聞き、「直感で」機動部隊89E”トマスの曳き手(Tomas's Tuggers)”の小部隊とともに調査を行うことを決めました。SCP-828は数週間にわたって逃れ続けましたが、カピク家族の家に押し入ろうとした所を捕獲されました。SCP-828は調査のためにサイト-641に移送されました。
回答者: SCP-828

質問者: テリアク・ルシャトリエ

前書: この非公式のインタビューは、サイト-641に向かう途中、最近購入された漁船「ジャンヌ」の船内で行われたものである。インタビューの際、SCP-828は船内の生簀に隔離された。ルシャトリエは調査前に対話を行うことを主張し、「これに関して、既に海は大いに怒っている。我々が無事に戻れるかどうかは分からない」と述べた。インタビューはイヌクティトゥット語から翻訳されたものであることに注意。

表示

回答者: SCP-828

質問者: エージェント スカウト・フルブラッシュとテリアク・ルシャトリエ

前書: 次のインタビューは調査の数週間後に行われたものである。SCP-828は興奮した態度を見せており、ルシャトリエの要請によって介入が行われた。

表示

回答者: SCP-828

質問者: アイザック・ローゼンタール博士とテリアク・ルシャトリエ

前書: 次のインタビューはサイト管理者との交渉の後、SCP-828の完全な協力の下で行われた。アイザック・ローゼンタール博士はSCP-828の経歴と異常性質の詳細を確立する任務を帯びていた。

表示


  • 最終更新:2016-06-18 15:36:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード