SCP-807

SCP-807.jpg
SCP-807で供されたキューカンバーサンドイッチ
SCP-807 - Heart Attack on a Plate (心臓直撃ディナープレート)
© DrClef 2009

Item #: SCP-807

Object Class: Euclid

特別な取扱方:
SCP-807は、サイト19内の高価値物品保管施設にある施錠された金庫に保管されることになっています。標準処理手順に従った積極的な防衛処置は、(化学的に、生物学的に、ミーム的に、爆発性の観点からも)常に適切に行われています。

SCP-807は実験のために適切な認可でその貯蔵容器から取り出される可能性があります。SCP-807のまわりで働く人員はみな栄養十分に違いなく、誤飲を防ぐために口を拘束するものを装着する必要があります。

概要:
SCP-807は、白文字で「Last Chance Diner」と端に書かれた、直径20cmのサーモンピンクの陶器のディナープレートです。ちょうどDの文字の上の部分が小さく欠けています。メーカーの刻印はなく、現在まで、問題のレストランを見つける努力は失敗に終わりました。

SCP-807は、それに乗せて出されたどんな食品も、もとの形よりもその脂質、塩分、コレステロールを高めたものに変化させます。一旦変化したならば、その食品は、食べたいという欲求にほとんど抵抗できなくなるほど並外れたレベルで味と香りが増強されます。しかし、この食品を食べた人物は誰でも、主要動脈への突然の脂質の蓄積により、食事を終えた5分以内に、心停止を経験します。ある事例では、即時のバイパス手術は、被験者の生命を救うことに効果的であることが示されました。

付録807-A:記録された変化

  • 新鮮なキュウリ、白パン、2ccのバターで作られたキューカンバーサンドイッチ ― 目玉焼きサンドイッチ(上の写真)
  • 全麦のパンに、新鮮なレタス、トマト、タマネギを使った野菜パティ、4ccのケチャップ、4ccのマスタード、2枚のスライスピクルスを乗せたもの ― 揚げたピクルスを添えた、クリスピー・クリーム・ドーナツ2枚に合計0.5kgの牛肉パティを3つ挟んでレタス、トマト、タマネギ、それぞれ8ccのケチャップ、マヨネーズ、マスタードを使用した「ルーサー」バーガー(訳注:R&B歌手のルーサー・ヴァンドロスが好んだという、パティをドーナツで挟んだ料理)。
  • ルーサー・バーガー ― [削除済み]。高脂肪の食品をSCP-807でさらに実験することは、犠牲者の多さのために中止されました。



  • 最終更新:2016-06-18 15:27:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード