SCP-792

SCP-792 bodyfarm2.png
SCP-792-1の実例
SCP-792 - The Body Farm (死体農場)
© Rumetzen 2012

Item #: SCP-792

Object Class: Euclid

取扱方:
SCP-792は上部にレーザーワイヤー (*1)が張られた高さ4mの電気柵で包囲されています。SCP-792への唯一の入口は南側のゲートです。ゲートは3名の武装警備員によって常に監視が行われています。追加の警備員が周辺部へ1.5kmおきに配置されます。9月2日から10月31日の間を除き、SCP-792は毎週SCP-792-1の新たな実例を捜索するために調査が行われます。その他のいかなる職員も当地域への侵入は許されません。

概要:
SCP-792は██の███████の街近くに存在する4平方kmの樹木が生い茂った地域です 。SCP-792にはどのような時も37~4500体の人間の死体(SCP-792-1に指定)が存在しています。SCP-792-1の実例は人種・年齢などが幅広く変化し、わずかに白色人種とヒスパニック系人種、そして年齢の高い死体が多い傾向があります。すべての死体は裸です。

これらの実例はランダムな間隔を開けて1日につきおよそ10体の割合で地中から浮上し、この出現プロセスを完了するまで9日から14日間を要します。SCP-792-1はうつ伏せの姿勢で頭から先に浮上します。出現の後、腐敗はSCP-792の環境から予想される通りの速度で進行します。SCP-792-1の完全に出現した実例は一切異常な特性を示しません。もし完全に形成される前に地面から取り除いた場合、SCP-792-1の地中にある部分は根のような構造の巨大な塊で形成されています。この部分の構造分析によって人間の筋組織と組成物が同一であることが判明しました。

年に一度、9月2日から10月31日までの期間に渡り、90~130体の人型生物(SCP-792-2に指定)がエリア中央の池の中に出現し、這い出します。SCP-792-2の実例は顔を見られることを防ぐ着色バイザー付きの白いレベルA防護服を着用しています。SCP-792-2は知性を持ち、英語でコミュニケーションを取ることが可能です。池から出た後、SCP-792-2はSCP-792-1の完全に形成された実例を回収して池へ沈め、姿を消します。このプロセスは完了まで2日間を要します。完全に形成されたSCP-792-1の平均13%は池へ運ばれません。その代わりに、SCP-792-2がSCP-792の中央に大きな焚火を設置し、それらのSCP-792-1を焼却します。このプロセスの目的は現時点では不明です。質問を行った場合、SCP-792-2は概して協力的ですが、SCP-792の地域を離れることは拒否し、仕事を再開しなければならないという強い渇望を示します。

補遺:

この文書の閲覧にはレベル3以上のクリアランスが必要です


  • 最終更新:2016-06-18 13:46:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード