SCP-777

SCP-777-1.jpg
無人機が撮影したSCP-777の写真。
SCP-777 - Kingdom of Sand (砂の王国)
© Tanhony 2011

Item #:SCP-777

Object Class:Euclid

取扱方:SCP-777とされる地域は高さ2mの電気フェンスに囲まれて収容されています。SCP-777-1実体が収容域から脱走するのを防止するために、運動起動タレットが設置されています。SCP-777とされる地域への液体の持ち込みは禁じられています。

SCP-777へと近づく一般人に対しては尋問後、クラス-A記憶処理が施されます。機密にするため、SCP-777の地域の地図の全ては軍事爆撃域とされ、衛星写真も専門職員によって同様に改変されます。

SCP-777に入る職員は液体がSCP-777と接触するのを防ぐために、通気性のある与圧服を着用することになっています。これらの服はSCP-777に入る前に損傷の検査を受けることになっています。SCP-777の外に居るSCP-777-1はできるだけ最初の機会で破壊されることになっています。

SCP-777に雨が降った場合、現場職員は脅威を無効化するために爆撃許可が与えられます。

概要:SCP-777は██████砂漠の5km2に及ぶ地域で、地元では'砂の王国'と呼ばれています。未確認のラジオ干渉がSCP-777内に存在しており、その発生源は現在も不明です。

SCP-777はどのような種類でも地域内の砂が液体と接触すると、さらなる異常特性が示されます。湿気た砂は生気を帯び、通常は砂の湿気に伴い動物を象ります。これら実体を以後SCP-777-1と呼称します。

SCP_777_2.jpg
脱走したSCP-777-1実体。
SCP-777-1実体はSCP-777に侵入したどんな生命体に対しても攻撃的に振る舞い、直ちに襲ってきます。SCP-777-1はただひたすら獲物を探し、何度か侵入者をSCP-777の外や近隣の街まで追いかけています。

SCP-777-1実体同士で攻撃することはないようで、代わりに直感に従って行動し、側面からの襲撃によって獲物を散らしまたは殺します。SCP-777-1は通常24時間後に更に湿らなければ崩れ落ちて生気を失いますが、崩壊までの時間は実体の小ささでより長くなると推測されます。

SCP-777から回収した砂はSCP-777から6km離れるまでその異常特性を維持すると推測されます。この特性を利用し、研究駐留地がSCP-777から2km離れた場所に設立され、現在研究が行われています。

ラジオ干渉の分析とインタビュー777-1から得られた証拠は異常事態の発生源がSCP-777の中心であると示します。しかし、そこに辿り着く全ての試みは失敗に終わりました。

歴史:SCP-777は機動部隊ゼータ-17"ビーチ・ブリーズ"の財団の日常的な神話の検証作業中で発見されました。任務が始まって1時間後に機動部隊ゼータ-17との連絡が途絶えました。

それから機動部隊ファイ-22"ウェル・ウィッシャー"は救出作戦を始め、機動部隊ゼータ-17のリーダーでSCP-777から離れた所に居たこの事案の唯一の生存者であり、SCP-777の特性に対して見識のある██████ █████を何とか救出することに成功しました。

SCP-777-1実験記録

インタビュー777-1


  • 最終更新:2016-06-18 13:42:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード