SCP-742

SCP-742 - Retrovirus (レトロウィルス)
SCP-742.jpg
細胞に感染しているSCP-742(赤く見える)

Item #:SCP-742

Object Class:Keter

取扱方:SCP-742-1はサイト-██の最大警備袖室の隔絶収容室に収容し、標準人型級糧食に加えて[編集済]から得られる採取したばかりの人間の骨髄█kgが餌として与えられます。

SCP-742ウィルス自体のサンプルはサイト-19の厳重金庫室に収容されています。職員は感染者が非常に危険であるが、SCP-742自体は直接血流に注入されない限り極めて感染力が低く、生物災害は考えられないことに注意してください。

機動部隊██████-█はSCP-742の非収容が発生した場合に備えて創設され、現在は█████████、████████████████の現場に居ます。。

概要:SCP-742は既知の自然に生じるウィルスより約██倍複雑なレトロウィルスです。SCP-742は全ての細胞型に影響を与えますが、初めはヘルパーT細胞の溶菌サイクルにのみ侵入し、SCP-742が感染者の全ての細胞に影響を与えられるよう免疫破壊の状態に至ります。感染した細胞はシグナルが合成するように結合を増加させ、一旦完全に感染するとシグナルの合成が目標レベルまで達成し感染の第2段階になります。

第2段階ではSCP-742は神経系に影響を与え、高タンパク質の食物を大量に貪欲に消費し、それから暗く、人気の少ない地域を探し求めます(洞穴、廃墟、地下室)。この時点で対象は冬眠状態に入り、仮死状態に近いほどに代謝を遅らせます。この期間で、感染者のDNAと非活性のウィルス特性にあるSCP-742レトロウィルスは完全に自身を逆転写させます — この出来事の後の対象をSCP-742-1と指定します。

新しく生成されたSCP-742-1は生理学的改造のウィルス段階の間に摂取した食物エネルギーを使い、生物の表面上が人間に類似しますが第2の消化管は[データ削除済]口蓋、複数の新しい不特定機能の器官、僅かに変化した神経系に繋がります。一旦完全に変形すると、SCP-742-1は通常の人間のように機能し、健康診断無しでは区別がつかなくなります。しかし、SCP-742感染は逆転写の間ゲノムを不安定化させ、約1ヶ月ほどテロメラーゼ機能障害と一致した症状が現れます。

SCP-742-1はヒト細胞を摂取することでこれを防ぐことができます。野生において、SCP-742-1は夜行性の捕食者となり、孤立した人間を補食します。犠牲者は毒性の噛み付きにより初めは麻痺し、それから[編集済]を通じて骨髄を吸われます。時折、犠牲者の肉は食料として利用されます。SCP-742-1は通常加齢せず、幹細胞を供給されあるならば生物学的には不死です。SCP-742-1はより多くの幹細胞が得られるため、若い犠牲者を好みます。まだ乳歯の児童は歯が無く、[データ削除済]で発見されます。SCP-742-1は伝染状態に入ると妊婦も標的とします。

通常SCP-742-1は自身を再生させるときに骨髄の多能性幹細胞を使うため、SCP-742感染を拡散することはできません。しかし、最低███gの全能性幹細胞(一般的に人間の胎児ですが源は関係ありません)を摂取すると、SCP-742-1は███████████腺からSCP-742で満たされた少量の流体を分泌します。この流体が人間犠牲者の[データ削除済]主要動脈に注入されることがSCP-742の主な感染経路です。SCP-742-1は感染させた標的に対して卑屈的に振る舞います。

  • 最終更新:2016-06-18 13:30:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード