SCP-708

scp-708.jpg
TOYOTA・7FDU80フォークリフトはSCP-708と類似しています。
SCP-708 - The Big Orange Forklift (おっきいオレンジのフォークリフト)

Item #:SCP-708

Object Class:Euclid

取扱方:SCP-708は追加研究までセクター-19の倉庫で収容されることになっています。SCP-708のイグニッションキーはサイト19のレンチル博士のみアクセスできる厳重な金庫に保管され、スペアはホリガン博士によって厳重な金庫に保管されています。どちらも最低Level4職員1人の承認なしにアクセスすることは禁じられています。SCP-708の利用、またはどちらかのキーにアクセスを試みようとした職員は即座に拘束され精神鑑定を受けなければなりません。極端な消耗を起こさないように、キーは交互に使用されることになっています。

概要:SCP-708は典型的な積載容量8トンのオレンジ色のTOYOTA・7FDU80・7シリーズ・フォークリフトです。記録によると7/13/████に[編集済]で購入され、7/30/████に届けられたとあります。SCP-708は[編集済]の3人の建築作業員が機械を操作していると、職務から離れてニューヨーク州███████████の街中で持ち上げるものを探し出したことにより財団の興味を惹きました。しかし、他の建築作業員1人がすぐに仕事現場で働いている作業員全員を殺そうとしました。この時点で、財団は調査を始めると、原因としてSCP-708に素早く注意が向かれ、エージェント・██████が車両を財団輸送機に移動させようと車両を起動させた時に代わりに輸送機を持ち上げようとしたことで証明されました。

SCP-708と20秒以上視覚的接触を維持すると、すべての対象は熱中状態になります。これらの対象は子供のように"おっきいオレンジのフォークリフトに乗る"ことに関して声を上げて喜びを表現します。この時同時に高周波音が発生し、興奮した子供のように上下に飛び回ります。これら行動を引き起こす迷惑な影響があるため、多くの研究員は被験者からSCP-708の搭乗と操作を許すよう強要されます。すでに対象がSCP-708の操作に従事していると、以前操作を強要された者とSCP-708との視覚的接触を続けた者は嫉妬を感じると報告し、現在の操縦者を追い出すことを望みます。SCP-708の操縦したいという願望を表明し制止された対象は幼子のような継続した感情の爆発に至ります。4/25/████の█人の研究員と█人のメンテナンス作業員が失われた事案により暴力的な経歴、犯罪者などのSCP-708の搭乗と操作を制限させることは必要不可欠です。

SCP-708に搭乗し起動させることで反応範囲を観察することができます。暴力的な過去がある対象は車両の重量物運搬能力を利用し、できるだけ早く目につくもの全てをすぐにでも撲滅したいという衝動を報告します。しかし、暴力的な過去がない対象の場合は気がついた物体全てを持ちあげたいという願望を報告します。これは対象の評価に基づき最軽量から最重量へと順に起こります。軽度の暴力的な過去がある対象は、初めは暴力の記録のない対象と同じ行動をしますが、すぐに飽きると、最初は壊せる物体を探し始めて、その後人間が対象となり、重い物体を持ち上げて、簡易的な槌としてフォークリフトを利用します。

財団が保護して以来車両に燃料は注入されず、車両から生成される排出物は検知されていません。レンチル博士はSCP-708はドライバーの熱意を糧にしているという推論を立てました。この推論はドライバーが車両と約1時間以上接触すると目に見えて疲労することで支えられています。最近、車両自体はドライバーに何の制限を与えず、ドライバー自身が車両から離れることを制限していることも注目されました。そのような疲労にもかかわらず、ドライバーは致命的な強制力を使用しない限りSCP-708から移動させることができません。すべての精神安定剤がドライバーには効果がなく、おそらくはドライバーの体内に相当量のアドレナリンが生成されているからだと推測されます。複数の補助によるドライバーを移動させる試みは完全に失敗し、SCP-708からドライバーを移動させる唯一の選択は処分だけでした。今日まで、██人の実験被験者が実験で処分されています。

  • 最終更新:2016-06-18 13:16:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード