SCP-677

SCP-677 - Unpredictable Pogo Stick (予測不可能なポゴスティック)
© Dr Mentha 2009
677.jpg
SCP-677

Item #: SCP-677

Object Class: Safe

取扱方:
SCP-677は現在土星の軌道近くにあります。地球への牽引力のため2███年に戻って着陸するでしょう。少なくとも一つの望遠鏡が、その運動を監視するためSCP-677に向けられます。再突入の際にオブジェクトの回収のためチームが派遣され、分解した上でサイト-██の貯蔵ロッカーに戻されます。

概要:
SCP-677はだいぶ使い古したように見える、銀色の████ブランドのポゴスティックです。「マイクに素敵な旅を!」と読める刻印が側面に彫られており、分解は可能ですがSCP-677の全てのフレームは通常の手段で破壊できないように見えます。スプリング自体は奇妙にも簡単に壊れますが、SCPのシャフトまわりに合うどんなバネとでも入れ替えることができます。それが壊れていないかぎり、使われるバネの種類はSCP-677の力学に影響を及ぼさないように見えます。

使用する時、ジャンプに使う力の程度には関係なく、SCP-677は予測できない高度と速度を伴ってジャンプします。様々な高度は2cmから上方に変動して記録されました。現在最も高い高度を得るために記録された速度は、SCP-677の現在の軌道の計算に基いて、█████です。得られる最大の速度は知られていません。さらには未知の機構により、SCP-677は常に最初の発射地点から██mの中に着陸します。

気晴らしでSCP-677を使用することは、厳しく禁止されています。注:警告には理由があったというのに。–Mentha博士、事故記録684-0034X

イベント684-0034X概要:

エージェント████の許可の下、職員2/677はSCP-677を収容所から取り出し組み立てました。彼は「エクストリームポゴの世界記録破ろうぜ」と主張。パラシュートを背負い、彼とSCP-677の間にいくつかの抑制装置を付け職員2/677はジャンプしました。8回の様々な高度のジャンプの後、SCP-677が空中に飛び出した瞬間抑制装置が壊れ、そして [データ削除済]。職員2/677は治療とひどい罰則を受けました。

  • 最終更新:2016-06-18 11:00:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード