SCP-650

SCP-650 - Startling Statue (びっくり像)
© Dr Talson 2009

Item #: SCP-650

Object Class: Euclid

取扱方:
SCP-650は最低でも4m×4mの大きさで、十分な明かりの施錠可能な部屋で保管されることになっています。最低でも3人以上で監視を続けなければなりません。監視員はSCPと最低でも1人以上別の監視員が視界の中に入るように位置取りをすることになっています。

集中力が途切れないのであれば、監視カメラからによる遠隔からでの監視も許されます。非常時にのみこの方法を使用することができますが、事故により見失う可能性があります。

概要:
SCP-650は高さ167cmの人型の黒い像です。像には手や顔がありません:手足は丸みを帯びて先細くなり、顔は全面滑らかな表面をしています。監視下における初期の姿勢は上方に手を伸ばし、空に向かうように頭を傾けた状態です。像の構造は現在不明です;材料実験で決定的な結果は出ず、矛盾した内容でした。

監視下にない場合、像は収容サイトにいる人間の背後へと瞬時に移動して脅迫のような姿勢を取ります。移動過程で音を出さないので、正確な移動方法は現在も不明です。移動位置と姿勢は通常、監視者が周りを振り向き、SCPに気づくと自動的に闘争・逃走反応を引き起こすほどの十分な距離まで近づきます。

しかし、SCPは未だに攻撃的、敵対的な兆候を見せていないことに注意しなければなりません。視線を外し再び戻すまでの時間を変えながら反応を観察した結果、SCPに攻撃の意図はなく単に驚かせることだけが目的だと推測されます。理由は不明で、この動機を探るさらなる実験は未定です。

近接して引き金を引くような姿勢で驚かせる基本的な方法以外にも、反応に慣れた監視者では他の姿勢も取ります。このような監視者の場合、十分な距離をとって、テーブルに横たわる、椅子に"座る"などの姿勢を取り、ある時には角で怯えたように縮こまっていました。この姿勢を報告した監視者はSCPが気になったと述べており、これは単に反応を起こすための第二の手段だと推測されます。

付録

██/██/████ - 別のサイト███の███████博士のオフィスで直接彼の背後に現れた後、対象はEuclidクラスに格上げされました。追加の観察処置は今後の事故を防止するために予定されています。

研究員メモ:予算には目をかけん;コイツが出れないようにブチ込め!ほの暗いオフィスの中で鼻先から半インチ見回してコイツを見つけようとしてたら人生を云年も無駄にしてしまう。対処法があるのなら、我々は労を惜しまん。 - ███████博士

  • 最終更新:2016-06-18 10:52:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード