SCP-649

SCP-649.jpeg
最初の収容以前のSCP-649の記録画像
SCP-649 - Matchbox Full of Winter (冬でいっぱいのマッチ箱)
© AsmodeusDark 2008 Roget 2012

Item #: SCP-649

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-649はサイト77にある標準的な収容ロッカー内に保管します。実験を行う場合でない限りロッカーの開放を禁じます。同様に、実験を行う場合でない限りSCP-649を収容房から移動することを禁じます。収容違反が生じた場合、SCP-649の影響を妨げるために暖房道具を収容房に設置します。

概要: SCP-649は一般的なマッチを最大で32本収めることができるダイヤモンド社製のマッチ箱です (*1)。箱の裏側には雪の結晶に似た形状の印が見られます。SCP-649を15分以上開放したままにした時、その異常な特性が現れます。SCP-649が存在する地域は突然の気温の低下と強風にみまわれます。SCP-649が屋内に置かれていたとしてもこの強風は発生します。

SCP-649の存在する地域の気温が摂氏0度に達すると、SCP-2082に似た挙動で、周辺地域に大量の雪とみぞれが振り始めます。また、SCP-649の影響範囲は急速に広がり、半径1kmにまで達します。SCP-649による雪とみぞれは半径1kmの全域が最低3mの積雪に覆われ、同時に気温が摂氏-30度以下に達するまで継続します。

そして影響範囲は1時間につき15mの速度で継続的に拡大し始めます。これに加えて、ツンドラに似た気候状態がSCP-649の影響の中心地点から発達し始め、同じ速度で範囲が拡大していきます。SCP649の影響範囲内の気温は恒常的に摂氏-45度に保たれます。この影響は無制限に続き、影響範囲の拡大を停止する唯一の既知の手段は、SCP-649の蓋を閉じることです。

SCP-649は1987/06/19、ウェストバージニア州の███████████から回収されました。財団諜報部員の元に届いた報告書から、ウェストバージニア州のある街がブリザードに襲われていると判明し、調査を決定しました。SCP-649は町の中央の墓地で発見されました。エージェントは1987/04/16にSCP-649を収容し、Euclidとして分類しました。地元住民に対して記憶処理を施し、そして地球温暖化現象が事件の原因であるというカバーストーリーを流布しました。

補遺649-A: SCP-649をおよそ1時間48分開放したまま放置しました。1時間45分経過後、子供たちの笑い声が聞こえ、雪玉がPena博士に当たりました。この時、追うと離れていく小さな形状のシルエットが観察されました。3名のDクラス職員を調査のために送り込みました。彼らは20分が経過した後も帰還しませんでしたが、SCP-649の蓋は閉じられて収容プロトコルが開始しました。Dクラス職員は回収できませんでした。テープを再生すると、Dクラスの中の1名が小さな人影によって壁の向こうへと導かれる姿が観察できました。行方不明となった職員の記録から、3名とも(男性1名、女性2名)青年期以前に死亡した子供がいたことが判明しています。こうした経歴のある職員が参加している実験はすべて中断されました。

  • 最終更新:2017-01-04 01:03:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード