SCP-616-J

SCP-616-J - Class D Recruitment Process (Dクラス補充の工程)
© Aelanna 2012

Item #: SCP-616

Object Class: Enochian Safe

収容手順: SCP-616を含むミンチ肉の大きな本ハードカバーの本は闇の祭壇の上にサイト19の標準的なSafeクラスの封じ込めロッカーに保存されています。
SCP-616は大魔術師レベル4またはそれ以上の職員によってのみ執り行われ、事前にO5の許可を得た上で、月一回定例のDクラス予算にのみ従ってください。

概要: SCP-616は大魔術師の長先任研究員である█████████博士によって人間の血で書かれた作られた、冥界のさらに深き闇より生まれし秘密の儀式儀式的な工程です。
儀式の完遂によって、Dクラスとして導入するにふさわしい、12名の生きた被験者が召喚出力されます。SCP-616は、実験台のためのDクラス人員の需要の増加に応じて、
標準ルートから問題なく徴用できる数に限界があることを危惧した、SCP財団倫理委員会からの指示を処理するために作られました。

SCP-616を実行するために、少なくとも3m×3mの平らでなめらかな石の床に呪われた魔法陣儀式用の円陣を刻まなければなりません。また、それはSCP-616-1と完璧に
一致した図柄でなければなりません。選ばれし亡者の真名Dクラス人員の番号を円陣3にローマ数字で刻み、彼らの地獄行きの大罪判決された罪状と個性特色のリストを
ラテン語で円陣4と5に、それぞれ刻まなければなりません。1回刻むごとに少なくとも2名の異なる大魔術師参列者が2度確認し、すべての人員は速やかに[データ削除]べきです。

[データ削除]

[データ削除]、それゆえ、清掃スタッフはSCP-616が継続している全期間を通じて待機しなければなりません。

補遺 616-01: 図表616-1

[データ削除]

補遺 616-02: █████████博士はSCP-616の任務から解任されており、もはや財団の文書を改変することは認められていません。さらに、 █████████博士は
"偉大なる魔術師Darkfyre"とは呼ばれていません。

  • 最終更新:2016-06-30 10:11:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード