SCP-613

SCP-613 - "Wonder Bread!" (「ワンダーブレッド!」)
© Shue Donham 2012

Item #: SCP-613

Object Class: Euclid

取扱方:
財団のスパイはSCP-613-1に類似した異常に関するあらゆる報告書を監視し、必要に応じて捜査を行います。SCP-613のすべての実例は研究セクター96のSafeアイテム保管庫に保管します。SCP-613に関する知識を持っていると判明したすべての人物は面談を受け、クラスB記憶処理を施した後に開放されます。SCP-613-1の実例は面談を行う際に焼き上げ、そして気候制御された環境下で収容されます。実験と研究は生存可能な期間が腐敗によって終了するまで行われます。収容中のSCP-613-1の実例はステッカーでタグ付けされ、それぞれの名前と発生した温度を記録します。

概要:
SCP-613は一般的な小麦パン一斤のレシピと「ワンダーブレッド (*1)レシピ:最善の成果のために本紙を参照して下さい」という文が手書きされた、███████ブランドのメモ帳の用紙1枚です。現時点で10枚のSCP-613の実例が財団の保護下にあります。SCP-613のすべての実例は同一です。このレシピはありふれた通常サイズの小麦パンのレシピと完全に同一です。しかし、被験者がSCP-613の指示のみを参照し(または記憶した指示にしたがって)、その他のレシピを一切参考にすることなくパンを焼き上げると、そのパンはSCP-613-1の実例となります。

SCP-613-1はSCP-613の指示にしたがって焼かれたパンを指します。SCP-613-1の実例は未知の手段によって発声し、かつ横滑りや回転によって自律的に移動することが可能であり、加えて周囲を知覚し認識する能力を有しています。SCP-613-1のすべての実例はいずれも知性を持ち、それぞれが他の実例と異なった独自の人格とアイデンティティを持っています。SCP-613-1は通常の室温下にあると成人相当の平均的な精神状態と知能を持って発生します。しかし、室温以外では精神疾患や平均を外れた知能を持って発生する可能性が発生し、室温からより大きく逸脱するほどこの可能性が増大します。現時点ではこのIQの増減を制御する要素は特定できていません。SCP-613-1の実例は、切断ないし裂いた部分の質量が50gを上回ると、親である実例とは完全に別個のアイデンティティを形成します。このようにして生み出されたSCP-613-1の実例には、身体的な苦痛を示す不規則な運動と発声が観察されました。SCP-613-1は一般的なパンと同じように腐敗やその他の損傷に対して弱く、完全に腐敗するか破壊されるとすべての異常な特性を失います。SCP-613-1のすべての実例は、財団が利用可能な全データベースに記録されたあらゆる個人と一致しません。SCP-613-1の実例を食事として与えられたDクラス職員はその味を通常の白パンと「ほぼ同じ」だと報告しますが、多くの職員は摂食する際の実例の発声に不快感を表します。

SCP-613の実例は5~7ヵ月おきに1回の割合で世界中へ散発的に出現しています。活発にSCP-613を製造し拡散させている何らかの個人、または組織の存在を捜索する作戦が進行中です。

回収:
SCP-613はウィスコンシン州で催されたパン祭りの期間中、あるパン屋が「生きているパン」を客に販売しているという報告により初めて発見されました。MTF███-█が行動を起こしたことでSCP-613-1は回収、これを生産していた人物に尋問が行われ、すべての関係者にクラスB記憶処理が施されました。それ以来、SCP-613のより多くの実例が、パンの製造に強い関心を持つ世界中のさまざまな人物に所有されている形で発見されました。SCP-613の実例を所有するすべての人物はそれをどこで、どうやって手に入れたかを明かすことを拒否し、あるいは何も知らないと主張します。

  • 最終更新:2016-06-18 10:29:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード