SCP-602

SCP-602 - The Sculptor of SoHo (ソーホーの彫刻家)
© Quikngruvn 2009

Item #:SCP-602

Object Class:Safe

取扱方:SCP-602は動かず、ニューヨーク市グリーン・ストリート██のアパート・███に位置しており、SCP-602の収容は一般人から隔離し、SCP-602がアパート・███から拡大、または移動しないように確保することに努めます。しかし、人口密度の高い都心(マンハッタン)に位置しているため、SCP-602は収容のために特別な配慮を必要とします。

アパート・███は機械式錠と隠蔽した電子錠によって、外部から施錠を維持しなければなりません。レベル4の認可無しにアパート・███からの出入りは禁じられています。

アパート・███の1階と地下全体、全てのグリーン・ストリート██の無人の部屋を収容サイト-28と指定します。建物内の残りの部屋は、SCP-602が最初に収容された時から生活している一般人が使用しています。これらの部屋が空き部屋となった場合、財団は獲得しますが、直接アパートから居住者を追い出すことはしません。しかし、一般人をサイト-28に侵入させないために、非致死性の武力やクラス-A記憶処理の利用等の致死性を伴わない行動は認められています。現在までに、財団は建物内の██部屋中、█部屋を獲得しています。より詳細な情報は文書602-S28を参照してください。

概要:SCP-602はアパート・███内にいる、物体を操作することのできる目に見えない存在です。SCP-602は人を倒して、束縛するほどの十分な力を振るうことができます。SCP-602はアパート・███内にあるどの物体に対しても影響を与えることが可能ですが、玄関口が閉まっている場合、アパートの外にある物体に対して影響をあたえることはできません。従って、アパート・███を外部から施錠することでSCP-602を効果的に収容することができます。

アパート・███には標準的な家具がありません。その代わり、非常に歪曲した人間に類似する多数の彫刻がアパート中に置かれています。これらの彫刻は大理石、花崗岩、木材、金属、磁器、[データ削除済]等の様々な材料で創作されていると思われます。[データ削除済]。玄関には2枚の扉があります:左側の壁にある扉は封鎖されており、これまで開放されたことはなく、背面の壁にある扉(198█から199█年の間に追加)は通常閉じられています。後者の扉は、より多くの彫刻が置かれた部屋へと繋がり、そこには[データ削除済]を彫るための多くの道具が並べられた机もあります。また外側に面した窓があり、常にブラインドが下がっています。これら彫刻、道具、机をアパート・███から搬送させようと試みると、SCP-602からの暴力的な抵抗を受けます。

アパート・███内にいる人間はSCP-602の攻撃の対象になります。未知の手段によって、SCP-602は生きている人間を、アパート・███内に存在する彫刻と類似した、様々な彫刻の材料へと変形させます。この変形を行うとき、SCP-602はアパートの玄関口を内側から閉じて施錠し、この期間の間アパートの出入りを完全に妨害します。SCP-602はアパート・███内で組み立てられたどんな観測機器を破壊または無効化し、実験被験体が隠し持った監視装置は、被験体が変形する前に必ず破壊されました。


付録1:文書602-S28、サイト-28の確立
SCP-602は[データ削除済]の失踪の後、198█年後半に財団の関心を惹きました。財団は、その後まもなくグリーン・ストリート██の建物を獲得しました。監督官は一般人の部屋に対して収用を行うよりも、この建物の残りの部屋を目立たない程度の頻度で獲得する方が財団の利益にとって最善であると判断しました。

一旦SCP-602は正式にSafeとして分類され、収容処置が制定されると、財団が確保したこの建物の区画は収容サイト-28として指定されました。部隊パイ-1("シティ・スリッカーズ")は一般人をサイト-28区画に侵入させないために設立されました。[データ削除済]が建物の1階のフロント企業として設立されました。

サイト-28は発見以来その範囲を拡大させ、アメリカ北東部の財団活動の拠点として利用されており、一時的または長期の財団職員の滞在や、いくつかのSafeクラスのSCPの収容としても用いられています。パイ-1は機動部隊として格上げされ、人口過密地域の異常物体の獲得と収容を専門として活動を始めました。またパイ-1の隊員はサイト-28での都市部作戦の訓練としても活動します。都市部作戦の詳細な情報は、文書パイ-UrbOpsを参照してください。


付録2:文書602-L01、実験記録

1回目の探査の試み


2回目の探査の試み


3回目の探査の試み


研究員のメモ


予後観察



付録3:文書602-L02、接触記録

接触実験


研究員のメモ



付録4:文書602-CP1、接触規約

接触規約




  • 最終更新:2016-06-18 10:22:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード