SCP-600

SCP-600 – That Guy (アイツ)
© Reject 2012

Item #: SCP-600

Object Class: Safe

取扱方:SCP-600はサイト17の、15m×15m×3mのひと揃いの家具が備わったEクラス室に収容されます。対象は、2台のセキュリティ・カメラで常に監視されます。部屋は二重の補強ガラスの付いた標準的な鋼のドアによって閉められています。収容室に入ったり、出たりするために特別な手順は必要としませんが、SCP-600が研究者の後ろからついて収容から逃れようとすることがあるため、注意して下さい。SCP-600を収容に戻す為の簡単な叱責や命令は、この行動を減らすのに充分に有効であると証明されています。

概要:SCP-600は身長1.7mの人型の実体で、成人男性の平均的な身長と体重をもっています。対象は全体として身体的特徴が無く、顔貌、外耳、爪、体毛、肛門と性器がありません。全身のスキャンを行ったところ、SCP-600にはいかなる内部構造物も無いことが判明しました。その代わりに、人間の筋組織に酷似した、未知の均一な密度を持つ物質から作られています。SCP-600は食事を摂取せず、呼吸も行わず、排泄もしません。対象の年齢は判明していません。

SCP-600はそれを見た全ての人間にテレパシーにより影響を及ぼし、彼ら個人の表面的特徴を受け継ぎます。これは単に人の視覚に影響を与えているだけで、SCP-600の実際の姿はカメラやセンサー、そして触れるだけでも明らかになります。確認されたSCP-600とその影響を受けた者の類似点は、表面的で大ざっぱなものです。しかし、それを見た者は何故かどんな場合であれ、注目に値するか、不思議であるとの認識には至りませんでした。対象により模倣される特徴は、髪の色、肌の色、眼の色、おおよその年齢、衣服のスタイル、通常の体格を含みますが、これに限定されるものではありません。(SCP-600によって模倣された衣服は全て幻覚であることに注意して下さい。)動物実験により、人間以外の有機生物はSCP-600と身体が接触でもしない限り、対象をいっさい知覚していないということが明らかになっています。

人間が居る時、SCP-600はその人物と会話をしようと試みます。その会話のレパートリーは制限されており、SCP-600は天気や他の「雑談」などの平凡でつまらない議論や、職業上の問題について、まるで自身が同じような職業に就いているかのように装い、そこ居合わせた人間の共感を得ようとします。これらの議論には、その分野での適切な専門用語が数多く使用されていますが、ほとんどはただの明らかな意見と決まり文句だけから成っており、表面的な会話に過ぎません。より高度な会話の試みはその矛先を逸らされ、SCP-600が雇われているとする仕事についての深い領域での知識は示しません。人前に居ない時、SCP-600は不活性状態になり、数時間から数日の間、同じ姿勢で立ち、外部からのどんな刺激にも反応を示すことはありません。

SCP-600は大抵の場合協力的ですが、自身の担当研究員と話す時は落ち着きを失う傾向を示し、自分について第三者的に言及します。そして、しばしば ”SCP-600のこと” について語ろうとします。(それについては下記のインタビューログ600-Eを参考して下さい。)SCP-600は自身を ”ジョージ” と呼ぶように要求し、それを断られましたが、その事に関しては動揺を見せていません。

インタビュー600-E
████████調査員: おはよう、SCP-600。今日、我々はあなたの記憶力を試すテストを行う予定です。

SCP-600: なぁ、████。そんな堅苦しくなんなって。前に言ったろ、俺の事はジョージと呼んでくれって。

調査員: 私にはそれがいいことであるとは思えませんね。

SCP-600: あぁ、████。常に完璧で、プロフェッショナル。ところでさ、子ども達は元気にしてるかい?██████は今はめちゃデカくなってんだろうな。

調査員: それについてあなたと話すことはありません。今は、あなたがこのページに載っている4つの写真を見てくれるか……

SCP-600: ああ、そりゃいいや。もう仕事に戻ろうぜ。なぁ、お前はSCP-600についてどう考えてる? 彼は確かに奇妙だが、俺たちが今まで変わった物を一部でも見てこなかった訳じゃないだろ、ハハ。俺としちゃ、収容手順が少しいい加減だと思って……

調査員: 実験に集中して下さい。今、最初の写真で……

SCP-600: 彼の能力がミームだと思うか? それは████博士のチームが調査中だったけか?

調査員: もしあなたが手元にある問題に集中できないのであれば、私はこの実験を強制的に中断しますよ。

SCP-600: あぁ、悪かった。ただ、こいつに興味をそそられてさ。仕事終わりにビールでも飲みに行きたくないか?いくつかお前に意見を聞きたいんだ。SCP-600はどうやら、[削除済]と深い関わりがあるんじゃないかって俺は思ってるんだが……

調査員: この実験を終了します。


  • 最終更新:2016-06-18 10:21:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード