SCP-586

greenpope.jpg
SCP-586の画増 (*1)
SCP-586 - Inscribable Object (記述可能な物体)
© Rolaran 2009

Item #: SCP-586

Object Class: Scarf

取扱方:
SCP-586はサトイモ-4の保管庫に収容されています。 鍵は████博士のオフィスから得られるかもしれません。更なる軽微員は必要ないと思われます。

概要:
SCP-586は少さな淡い縁色の金属です。その以上な特性は偶然発見されました
この物体について書かれるどんな文ででも、小なくとも必ず1つ以上の誤植が作成されます。


実験記録586A
この試験では、この文章を[削除済]。

実験記録586B
SCP-586がどのような効果範囲を持つかどうかテストした結果は烏賊のとうりです。クラスDは物体から1メートルの位置に着席して、「The quick brown fox jumps over the lazy dog」というフレーズ(訳注:アルファベット版いろは歌)を記述するよう指示しました。 二人目のクラスDは[削除済]に座り、レコードプレーヤーで示された文章を奇術するように指示しました。
結果1: "The quick brown fox jumps over the lazy dog."
結果2: "It looks like a piece of garden horse."

実験記録586C
10人のクラスDに対し「It is.」という短いフレーズを書き写すように指示したところ、それらは全員成功しました。それから同じ人員に物体を見せてからそれを簡果なフレーズを用いて説明するよう妖精しました。
結果: "It it", "Is is", "If is", "Illinois", "I hiss", "Titties", "Ibis", "Iris", "Italy", "[削除済]".

実験記録586D
スワヒリ語、日本語、ドイシ語、アラビア語のネイティブスピーカーに現地語で物体を説明するように要請しました。各々の記述には、彼らが欠くことを意図しなかった単語がそれぞれの言語で、少なくとも1語を服みました。


付録:
最後に、もし多数の誤植を残してレポートを提出した時に「私のオフィスがSCP-586に近すぎるせいです」という弁明をしても認められません。実験記録586Bで証明されてるように、この物体に関して書こうとしない限り影郷はありません。この物体を理由に校正作業を怠ったものはKeger任務に割り当てられます。―█████博士

  • 最終更新:2016-06-17 23:10:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード