SCP-582

SCP-582 - A Bundle of Stories (たくさんの物語)
© Djoric 2010

Item #: SCP-582

Object Class: Keter

取扱方:
SCP-582-Δの封印資料のすべての情報、付属品がミームを拡散する危険があるため、材質、能力、歴史など恒久的なミームの判断は特別情報班"夜のこぶ"(保全主任特命817-2:██/██/██)単独で行います。保全記録582へのアクセスはO5の3分の2の賛成を得て許可されます。

すべての主要なインターネット検索エンジンに対しSCP-582関連への検索を監視します。SCP-582に関するすべてのメディアのコピーは保全記録582に保管することになっています。これを元に作られた創作物は文書582-RPにしたがって削除します。

概要:
SCP-582は大抵████████と呼ばれる実体に適応可能な自己伝播するミームです。SCP-582の主な能力は受動的な現実改変です。SCP-582に書かれた物語は現実に起こったものと記録され、SCP-582は現実で物語の起因となる事案を発生させます。指定すればどんな時間、場所でも発生させることができます(指定されていない場合、物語の起因を無作為に発生させます)。

SCP-582の効果は永久に連続して現れます。以前の物語を否定するような続きを書くとSCP-582に全く影響がないか、影響を抑えた状態で現れます。この影響により、SCP-582は財団が発見した前後の複数の著者が作った矛盾を正します。

SCP-582の実際の影響力は詳細がハッキリしていないため不明です。話の内容は主にSCP-582に巻き込まれたり、SCP-582とのつかの間遭遇というより事件について説明や根拠を記したものです。わかっていることはSCP-582は定期的に場所時間関係なく姿を見せたり消えたりすることができ、SCP-582の物語を終わらせたり、妨害することはできないということです。

付録1:

+ 目視のみ


付録2:

+ 目視のみ


付録3:

+ 目視のみ


全職員へ、SCP-582は反応です。実際の意識や自由意志を持ちません。すべて誰かに書かれたことにしたがって話し、実行し、考えます。
- ██████博士

  • 最終更新:2016-06-17 23:09:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード