SCP-560

scp-560.gif
SCP-560による破損の初期段階にある画像
SCP-560 - Bitwise Amoeba (ビット単位のアメーバ)
© orikae 2011

Item #: SCP-560

Object Class: Safe

取扱方: SCP-560は、少なくとも███ギガバイトサイズの財団アーカイブ品質の光記憶媒体に保存されます。この媒体は、SCP-560封じ込め装置内のスタンドアロンデスクトップコンピュータを使用し、少なくとも1ヶ月に1回アクセスする必要があります。コンピュータが機能を停止した後、媒体を衝撃吸収ケース(仕様███-██-████)に配置する必要があります。財団セキュアワイププロトコルに準拠し、空のドライブは一般的な手順で廃棄され、サイト-██研究所からのワイプ準備ができたドライブと入れ替えられます。ネットワークアクセス、またはSCP-560ストレージユニット以外のリムーバブルメディアを持つワークステーションを用いた実験は、レベル4指令で禁止されています。

概要: SCP-560は、起源不明の単一のデジタル生命体です。バイナリエディタを用いて表示すると、SCP-560は占有している記憶媒体のデータ構造全体に広がるビットパターンとして現れます。SCP-560のビット構造の解析が進行中です。

SCP-560は、特定の種類の悪意あるソフトウェアと同じように動作します。財団が████でこの生命体を発見する前に、█████████掲示板上のアマチュア研究者は生命体が消費したデータのパターンを発見し、それを特に増殖力の強いウイルスに分類していました。記憶処理の代わりに、財団の担当者はSCP-560を除去した上で、掲示板における彼らのプロジェクトの続行を許可しました。掲示板は最近、SCP-560調査██周年を迎えました。

デジタル環境に導入された場合、SCP-560は記憶媒体の内容処理を開始します。現在、この生命体は自身の中のデータを飲み込み、破損した画像、テキスト、実行ファイル、映像、音声ファイルを排出することで、アメーバに類似した方法でデータを代謝すると仮定されています。生命体がファイル間を移動しながら摂食を進めるため、破損は個々のファイルにおいて徐々に進行します。SCP-560は機密データを含んでいるファイルを好みます。█████博士は、暗号化や圧縮が施された、または高密度のデータはSCP-560に大量の代謝エネルギーを提供するという説を立てました。この選好は、財団セキュアワイププロトコルでの使用に最適です。

コンピュータウイルスとは異なり、SCP-560は破損したファイル内に自身のコピーを感染させていません。現在、SCP-560は[編集済み]を通して繁殖していると推測されますが、全く[編集済み]は現存していません。SCP-560の摂食プロセスが進行するにつれて、摂食効率は消費されたデータ量と並行して増加し、指数関数的速度でデータを消費してゆきます。記憶媒体をワイプした後、SCP-560は仮死状態になります。情報が微量でも与えられれば、SCP-560は無期限に生存することができます。

SCP-560は████年4月██日に███████のコンテンツサーバで、財団職員の工作による故障の間に収容されました。その生物は仮死状態に入った後、すぐ正常に取り出されました。最近の[編集済み]を考えると、SCP-560に関するあらゆる情報漏洩は即時の終了措置によって処罰されるべきです。

追記: 3D対応テレビや、直線偏光または円偏光眼鏡による立体視を通し、SCP-560によって破損したデータを見ることは禁止されています。-O5-3

改訂██-██-████: これは3D対応ビデオゲームシステムを含みます。-O5-3

  • 最終更新:2016-06-17 23:00:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード