SCP-503-ARC

当ページは削除の対象に選ばれました。
しかしながら、サイト上のあるページが当記事に関する知識―通常はtalesまたはsupplement―に依存するため保持されました。
次の記事がこのページに言及しています。


Archived SCPsについての詳細は、FAQあるいはArchived SCPのハブをチェックしてください。
SCP-503-ARC.jpg
稼働中のSCP-503
SCP-503-ARC - The Infinite Pasta Pot (無限パスタ鍋)
© 再掲:thedeadlymoose 2011

Item #: SCP-503

Object Class: Safe (Keterへの格上げを検討中)

取扱方: SCP-503はサイト-██の厨房内の安全な保管庫に格納して下さい。SCP-503へのアクセスは厨房のスタッフのみに制限されており、保管庫には正式な食事時間の5分前のみに開錠するタイムロックが装備されています。SCP-503の乱用や収容違反に対しては、セキュリティ対策の増加や、場合によっては無期限封鎖の可能性も視野に入れて対応して下さい。

SCP-503を用いた更なる事故を防止する為、警告表示を厨房に掲載しており、適切な使用上の注意事項がサイトの訓練計画に正式に追加されています。SCP-503の保管領域に仕掛けられたセンサーは、SCP-503が鍋の容量を超えた際に作動させ保管領域自体は24時間常に監視しなければなりません。

現在、SCP-503が壊滅的な方法で収容から逃れた際に対処する実用的な手段はありません。現状最も効果的にこれを取り扱う方法は、終始徹底的な防止策を実施する事です。

概要: SCP-503は、約20Lの容量を持つ古代の鉄鍋であるように思われます。しかし通常のパスタ鍋とは異なり、SCP-503は調理済で摂食可能となったパスタを無限に生成する能力を持っています。正確な動作原理は現在不明ですが、SCP-503が活性化・不活性化する方法を断定する為、財団の研究者が管理しています。SCP-503を活性化・不活性化させるには、様々かつ複数のバリエーションを持つ特定のフレーズを口頭で唱える必要があります。各バリエーションはイタリアンパスタの特定のタイプに対応しており、現在知られている一意な活性化コードの数は57です。不活性化コードは、[データ削除]が必要である点を除けば正確に活性化コードと同じです。[データ削除]が行われる事は必要不可欠です。活性化コードの総合的なリストは、実験報告503Aに記載されています。なお、スピーカーがSCP-503の近くにある時でも、口頭でのコードのみが実行可能である点に注意して下さい。録音の音声では効果はありません。

活性化すると、SCP-503は内部を調理済パスタで徐々に満たし始めます。パスタは単純に自然発生するかのように具現化する為、事前に鍋に投入すべき物は存在しません。放置した場合、SCP-503は1分足らずで内部を満たし、不活性化するまでパスタを生成し続けます。SCP-503が作成する全てのパスタを検査した所、通常のパスタとあらゆる面で完全に同一であり、人間の摂食に完全に適している事が判明しています。

SCP-503の正確な性質については殆ど分かっていませんが、エージェントは意外なほど容易にその起源を追跡しています。標準検査では、SCP-503は作られて数世紀である事や、所有権の記録が完璧に遡れる事を示しています。予想通り、SCP-503は当初████年にイタリアで登場しており、多くの所有者の手に渡ってきました。所有者の大半は、秘密主義の修道院の修道女や凡そ「魔女」と呼ばれる人物との傾向があった事から、SCP-503の能力は周知されていなかったものと推測されます。最近の所有者である████████・████████████の死後、財団はSCP-503を入手しました。彼女には数々の噂が取り巻いていた為、財団はエージェントを████████・████████████の弁護士として潜入させていました。彼女の全ての所持品を迅速に没収し、重複する品目と交換しました。審査プロセスはまだ継続中ですが、SCP-503は確実にSCPである事が証明された最初の品目でした。

実験報告503A: [データ削除]。懲戒報告1145を参照

実験報告503B: 私達はSCP-503のパスタ生成能力がどの程度まで得られるのかを確かめるべく、私達で独自の活性化コードを作成しようとしていました。そしてどうにか、以前は作れなかったペンネ、オルゾー、ブカティーニの3種類のパスタを生成出来ました。しかし、私達が入力する活性化コードをデルタ-2-6に決定した時、SCP-503がパスタの代わりに[データ削除]を生成した為、複数の死傷者が発生して収容違反警報の作動を余儀無くされました。更なる実験は無期限に保留されています。 -█████博士

注記: 最後に、SCP-503を片付ける際には[データ削除]を忘れるな!我々は既に、少なくとも6回もの事故を起こしているんだぞ! █████博士

オーケイ、俺は誰かさんが意図的に、悪趣味な悪戯の手段の一つとしてSCP-503を乱用しているのを知っている。ここにそんなトラブルメーカー予備軍の為の新しい規定がある: 作った奴が食え。 █████博士

SCP-503が食料費の大幅な節約になっているのは知っていますが、真面目な話、実際にパスタを使わないメニューは持てるのですか?私はもうスタッフにウンザリしだしてますよ! █████████博士

事案報告5632より抜粋: ・・・SCP-503を適切に不活性化させる事に失敗した為、鍋は全く監視されていない状況でより多くのパスタを生成し始めました。サイトスタッフがエラーを認識していた頃には遅過ぎました。厨房施設全体が完全にパスタで満たされており、サイトスタッフが不活性化コードを口述すべくSCP-503に十分に接近する事は出来ませんでした。その結果、完全収容違反警報が発令され、避難プロトコルが所定の位置に設定されました。SCP-503を不活性化した時点で、サイト-██の6割がパスタに埋没していました。清掃および修復作業によるサイトの全機能復旧には18ヶ月近くを要しました。この事案は公式に単純なヒューマンエラーと記載されていますが、全くの事故という訳では無かったとする可能性についての調査が現在行われています・・・

懲戒報告1145: SCP-503の乱用により生じた数々の事案や悪戯が原因で、現在使用可能なのは特別に選定された調理室職員に限定されています。サイト-██内の全職員は、全員参加の嘘発見器による検査に出席して下さい。SCP-503の活性化コードに関する知識を不正に得ているあらゆる職員には、コードの記憶を消去する選択的記憶処理が施されます。

管理官注記: SCP-503の破壊的なポテンシャルのみならず、実験報告503Bの結果を考慮し、SCP-503のSafeからKeterへの格上げを現在検討しています。 O5-█

補遺: 重要な追加情報については探査ログdb/503-bを参照して下さい。

  • 最終更新:2016-10-03 03:14:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード