SCP-498-KO

SCP-498-KO 벚꽃엔딩 (桜エンディング)
© ynha 2016
cherry-blossom-1318258_960_720.jpg
SCP-498-KO-aの拡大写真。

Item #: SCP-498-KO

Object Class: Safe

取扱方:
SCP-498-KOに通じる入り口は民間人が出入りできないように制御し、「自然保護区」という名目の下に管理されます。SCP-498-KOの範囲内の進入は、セキュリティクリアランス2以上が要求され、実験以外の目的のための進入は制限付きで許可されます。またSCP-498-KO保護のために、SCP-498-KOの範囲内ではどのような火器も使用することができません。


概要:
SCP-498-KOは忠清南道██群██生態公園に存在する変則的な空間です。対象は生態公園の中心部にある並木道を介して進入することができます。並木道の端は、広い空き地と接続されていますが、空き地の外見上の広さは実際の存在する広さよりもはるかに広く、約10000㎡に達しています。また、対象の内部空間は外部と完全に分離されており、街路樹の道を通過する時点から内部でのいかなる電気、電子の相互作用を用いても外部との通信に失敗しました。そのため、SCP-498-KOは別の次元に存在する空間と推測されます。

SCP-498-KOの内部は広い空き地で、常に緑の草が生えています。SCP-498-KO内部で確認される植物は草(Zoysia japonica)とSCP-498-KO-aのみであり、どのような動物種も発見されませんでした。対象内部での時間の流れは、有意で昼と夜が存在しますが、季節の変化はないものと見られます。まれに天候の変化も観測されますが、ほとんどの場合澄んだ快晴の天気を維持します。

SCP-498-KOの中心には、桜の木(Prunus serrulata var. spontanea)の一種であるSCP-498-KO-aが存在し、対象の樹齢は現在約8█年になったと推定されます。対象は常に花が咲いた状態を維持しており、対象から落ちる桜の葉の量は無限と推定されています。

SCP-498-KO-aの受粉は可能ですが、受粉を介して得られた種子が発芽すると変則性がない平凡な桜に成長することが確認されています。

SCP-498-KO-bはSCP-498-KO内に存在する人間型のオブジェクトで、一定レベルの自我を持っており、人間をまねるような行動をします。また対象の身体はすべてSCP-498-KO-aから落ちる桜の葉で構成されています。SCP-498-KO-bに一定水準以上の物理力が加わると、ターゲットはバラバラになり、元の桜の葉に戻って落ちます。SCP-498-KO-bはSCP-498-KO内でたびたび観測されます。SCP-498-KO-bの個体数は、概ね5〜15個を維持しますが、SCP-498-KO-aを毀損したり、SCP-498-KO内部の環境を破壊しようとする行動が発生した場合、その数は急激に多くなり、内部での活動が不可能なほどになるまで増加します。

SCP-498-KOは自ら汚染を浄化する能力を持っていると思われます。どのような生物、化学的汚染物を使用してもSCP-498-KOの一部分の環境のみであっても変化させる試みは失敗に終わりました。

しかし、この能力は明らかに限界が存在し、この点を超えればそれ以上の自動回復が不可能になるものと見られます。

SCP-498-KOは2███年██月██日財団の要注意団体エントロピーを越えて(Beyond entropy)のエージェントを尾行して発見されました。以来、財団の力を利用して難なくSCP-498-KOを手に入れることができました。当時SCP-498-KOは深刻な変則的オブジェクトのために汚染された状態であり、B.Eはこれを解決するための方法を模索中だったとみられます。これは、財団の標準的な変則汚染 - ベータ等級の対応を介して簡単に浄化可能なレベルであり、SCP-498-KOは現在の状態になりました。

B.Eは複数回モールス信号を送信しておりSCP-498-KOを監視することが捕捉されましたが、しっかりとした奪還は一度も行われませんでした。

補遺: 2███年██月██日にB.Eから送られたメール
こんにちは財団の皆さん。私はB.EのT博士です。本名を明らかにすることができない点ご了承お願いいたします。

(中略)

私達B.Eで引き受けたことは、まあ、今では財団に取得された「桜公園」の浄化でした。初めて私たちがそこを発見したとき、そこは本当に救済不能でした。世界のあらゆるゴミをまとめたような臭いが充満しており、道を歩くだけでも、肌が痛んでくるような感じがするほど深刻でした。しかし、我々は誰ですか。ガイアの意志、Beyond Entropyではないでしょうか。その意志を受け継いで、公園を本来の美しい姿に戻そうと決心しました。

しかし、結果は悲惨でした。片付けても片付けても終わりのないゴミに、要員の間には、新型のアトピーと呼吸器疾患、各種混乱で最悪な状況になりましたよ。また、そもそも 'リーフウォーター' さえあれば解決されることをなぜ苦労して行っているのか、と雰囲気や支援もよく成り立ちませんでした。結局、一ヶ月もならずプロジェクトは廃棄され、今は時々訪れて状況を見守ること以外することは何もありませんでした。

そして、その時現れたのがまさにあなた達でした。そして、あなた達は私たちとしては想像もできない方法で、そこを浄化してくれました。かなり大きな衝撃でした。自分たちの利益のために、環境を思いのままに操る「財団」も私たちと同じことを行うことができたのですね。
最初は疑いました。彼らはここを何かの生物化学実験場とか、核実験とか、様々な異様な実験のために、ここを浄化したつもりだろう!いずれここも他の場所のように汚染されるだろうと。彼らはそれでも残る学者達であるから。ですがそれは私たちのほうだったのかもしれませんね。
私たちは何度も「桜公園」を観察しました。特殊要員を送って写真を撮ったり、土を採取し、桜の花を観察するなど、多くの時間をかけました。しかし、悪くなる様子は見えませんでした。逆に日々美しくなる光景に涙を流して写真を握っている私を発見するだけでした。

そう、私たちは「桜公園」への興味を無くしました。今そこは、私達の手を離れました。それが到着したところは「私たち」ではありません。自然でもありません。まさに今皆さんの懐に入りました。

まあ、このようなエンディングも悪くないですね。かなり喋ってしまったのは問題ですが。

(後略)

  • 最終更新:2017-03-21 10:50:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード