SCP-449

SCP-449 - Gut Dust (はらわたいっぱいの)

Item #: SCP-449

Object Class: Euclid

取扱方: 全てのSCP-449個体は実験に使われていない時は標準収容金庫に保管されます。追加生産を最小限にするため、実験では3~5kgのSCP-449-Aが低リスク化学物収容容器にて利用可能です。SCP-449の実験により生産された過剰なSCP-449-Aは即座に焼却されます。

1500kmは離れて位置するD-クラスによるネットワークが、毎日一粒のSCP-449-Aを消費します。財団以外のグループによる使用が発見された時は、エージェントが文書449-5に記述されている捜査網手続きに従って場所を特定し、SCP-449個体を没収します。

概要: 各SCP-449個体は大まかにコルヌー・コピアイに似た、捻れたアルミの円錐です。それぞれ40cmの長さであり口の部分は直径約15cmで、1kgをわずかに超える重さがあります。それぞれのサイドには"JOY"(喜び)という単語がスタンプされています。不明な理由により、全てのサンプルは簡単に錆びます。

人間によって搾られる時、SCP-449個体はSCP-449-Aを生産します。ユーザーは思考によって、秒速一粒から秒速約6リットルまで、生産量を調整することが可能です。SCP-449-Aは明るく透明な物質で、手触りは砂に似ています。それは成形したり、潰したり、血を除く体液には無理ですが水やアルコールに溶かすことができます。それには臭いや味はありません。多量にSCP-449を摂食することは歯のエナメル質の酸蝕、消化管に対する損傷、他の研磨剤を消費した時と同様の下痢や嘔吐を引き起こします。

どの程度の量であれ消費されると、それが消化管に残っている限り最大で1日の間、消費者は極度の喜びと多幸症の状態に入ります。この効果は投薬によって変化することがなく、また即座に効果が現れます。SCP-449-Aは排泄されたり他の手段によって取り除かれたりした時にはすでに異常な性質を見せませんが、腸内を通じて消化されたり外部に損傷を負ったりすることはありません。

SCP-449-Aによる多幸感の効果は、もしおよそ1300km以内にその消化器官内により多くのSCP-449-Aのある人物がいる場合、即座に消えます。現在までに、SCP-449個体を所持しているところを回収された全ての人間は、SCP-449-Aの効果を保つために極端にあらゆる手段を行っており、以下のような事例がありました:

  • 最低でも4名の他のSCP-449ユーザーを殺害する
  • あらゆる人口集中地から遠く離れて永続的にボートで生活する
  • 過激な胃の手術を受け、推定3立方メートルの追加の消化管を入れる

ほぼ全ての事例において、SCP-449ユーザーはSCP-449-Aを生成し、消費する以外の活動を放棄していました。現在までに、推定100個の内、83個体が回収されています。

補遺449-2: いくつかのSCP-449個体には次のメモが付属していまいた:
ファクトリーからのJOY

どんなものでもあなたにJOYさせるだろう
761マイル以内の干渉はとても不運で遺憾で謝罪 etc
あなたがJOYを感じる1人となるための幸せの道
JOY JOY JOYの方がJOYより良い
あなたの好きなだけの いっぱいのJOY

喜ぶためにどれだけのJOYが要りJOYなしでどれだけ悲しむか

あなたは協力しあなたは離脱しあなたは組織しあなたは壊す
あなたは使う
ファクトリーはただ提供する

  • 最終更新:2016-09-22 04:28:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード