SCP-447

SCP-447 - Ball of Green Slime (緑のスライム)
© DrClef 2008

Item #: SCP-447

Object Class: Safe

取扱方: SCP-447-1は透明な50ガロンのプラスチック容器に常に保存され、セキュリティレベル3以上の職員により溢れる事の無いようカメラにて監視されていなければなりません。保存区画は外部からの物体の混入を防ぐため、レベル1のクリーンルームステータスに保たれ、埋葬所・死体公示所・霊安室から10km以上離れていなければなりません。どのような状況下においてもSCP-447を死体と接触させてはいけません。

SCP-447-1は約10cc毎時の速度で常に粘性の緑色のスライム(SCP-447-2)を排泄するため、健康状態の良好なクラスD職員が少なくとも一日に一度、スライムの回収に派遣されます。敷地内における死者を出さないための安全手続きを怠らない限り、スライムは適切な装備により回収することができます。輸送中に死者と接触する危険性がない限り、スライムは一般的な密封されたガラスかプラスチック容器で標準的な手段により輸送することができます。

悪臭はありますが、SCP-447-1より回収されるスライムは無毒性・非腐食性および非放射性で、死体に接触しない限りは完全に無害です。スライムは食用可能で、野菜ドレッシングとして良好であると報告されています。1ガロンのガソリンに10ccのSCP-447-2を添加する事で燃料効率を150%に向上させることができます。さらに、SCP-447-2は精製して潤滑剤として使用できます(参考: Appendix 447-C: 蒸留プロセス)。これはSCP財団の保有する装置へ利用する事が許可されていますが、死体を潤滑するために使われる事はありません。

SCP-447に割り当てられている全ての職員は、ポリグラフによる自殺・死姦愛好および殺人の傾向テストを通過していなければなりません。加えて、職員は健康かつ良好な体調であり、常に敷地内における安全基準に従っていなければなりません。これは、SCP-447又はその排泄物であるスライムが死体と接触する危険性を最小限にするためです。

概要: SCP-447-1はスポンジ状の表面構造をした直径約5cm、重さ1.37kgの緑色の球体です。物体は触ると暖かく、人体とほぼ同じ温度で、中心の温度はやや高くなっています。SCP-447-1が死体と接触しない限り、取扱担当者による副作用の報告はありません。

SCP-447は財団のエージェントにより、アメリカ合衆国カリフォルニア州の███████市内██████████にて回収されました。事件は明確にSCP-447-1及びSCP-447-2が死体と接触する事により起こりうる危険性を示しています。詳細については付録(447-A: 回収報告)を参照してください。

SCP-447-1及びSCP-447-2が死体と接触できるようにすることの危険性は明確に文章化されています。詳細な目撃報告は付録(447-B: 以前の事件)を参照してください。要約すると、ことによれば初期の効果は[O5レベルの指令により抹消。この領域の研究は禁止されており、違反者は予告無しの抹殺もしくはクラスDへの降格処分となります。詳細については上司へお問い合わせください。]

補遺 447-a: 安全対策によりSCP-447が死体と接触しないよう保たれている限り、SCP-447はKeterよりSafeへと引き下げられました。潜在的なSCP-447の応用方法については実験記録447-aを参照してください。

  • 最終更新:2016-12-12 22:51:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード