SCP-4445-J

SCP-4445-J - Disinformation Campaign: Operation Trident Valley (偽情報活動:トライデント・バレー作戦)
© thekit 2009 DrClef 2009

Item #: SCP-4445-J

Object Class: Safe

取扱方:必要なし。この場所発のすべてのウェブトラフィックを監視してください。人事部は第1段階の職員募集において、DクラスであろうとなかろうとSCP-4445から引き入れた職員を利用することが推奨されます。

概要:SCP-4445はポップカルチャーでよく見られる慣例の保管庫に偽装されたウェブサイトであり、一般人からのSCP財団の職員募集のための情報センターとして役立てられています。ウェブサイトの場所は以下の通りです。http://tvtropes.org/pmwiki/pmwiki.php/Main/SCPFoundation (*1)

クラス7ミーム的フィルタプログラムが前述のページのトップの記事に3文字ごとに組み込まれており、人口の90%に対して即座に嫌悪の感情(技術用語ではsquickとして知られるものでもあります)を引き起こします。世界を破壊する物体を日常的に扱える強靭な精神の持ち主である10%は公開保管庫へと進み、財団の利益に協力させるために超自然的な衝動を精神に埋め込まれます。

補遺4445-01:SCP-4445から募集された職員は財団で働き始める前に従業員の手引きで学習することが推奨されます。

補遺4445-02:最近のデータによると、SCP-4445への長期的な曝露と対象の心理の著しい変化の間に相関関係が見られます。この変化には以下のものが含まれます。

  • 軽度から中等度の依存症
  • 人気のフィクションを楽しむ能力の減少。これは主に以下の原因による
  • 限定的な透視能力(SCP-4445への曝露後、対象は今までに曝露されていなかったメディアのエンディングを予測できるようになりました。)
  • 不可解な隠語にはまりこむ傾向
  • フィクションと現実を区別する能力の減少

これらの症状は心理カウンセリングおよびSCP-4445への曝露を中止することで緩和されます。(このSCPが「人生をダメにする」との対象の主張は誇張であると推測されます。)それにもかかわらず、この経路を通じて募集されたすべての職員は更なる曝露を見合わせることが強く推奨されます。

  • 最終更新:2016-07-02 18:42:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード