SCP-436

SCP-436 - Error Locket (誤測定ロケット)
© Kazyan 2010

Item #:SCP-436

Object Class:Euclid

取扱方:SCP-436は実験目的以外では常に閉じられていなければなりません。物の置き忘れを避けるため、大きく施錠されていない部屋に収容されています。Level3以下の職員は部屋への入室は許されていません。週に1回、SCP-436は床の再建のため、近くの同様の部屋へと移動されます。

概要:SCP-436は明らかに金で造られた小さなロケットです。開くと嵌めこまれた写真が見られます。実験できないため、写真がSCP-436の効果の源かどうかは不明です。

SCP-436の特定の範囲内にある全ての測定は、深刻なエラーの影響を受けます。エラーに特定のパターンは確認されません;時間測定が必要なため確かめられませんが、絶えず変化するようです。この問題はSCP-436の多くの面において共通です:範囲を確実に測定することができず、エラー効果の強さを確かめることができない上に場所もよく曖昧です。しかし、エラー効果が自身の性質の方へ広がっていることは判明しています。明らかにするために測定値はエラー効果について知っていることが必要で、この測定値にもエラーがあります。

SCP-436の範囲から移動しても、物体の実寸は永久に影響を受けます。容器の蓋は合わなくなります;平坦なものは傾き、特に測定装置は歪みます。SCP-436の影響を受けた人間は身長、体重が変化し、場合によっては個性も変化します。学習、計算、判断能力が弱められます。健康診断では[削除済]特に、癌が発生します。

SCP-436の長期の露出は変化を発生させ、最終的には表現しようがない物体になります。████████博士は3つのサンプルを所持し、現在研究下にあります。

SCP-436が閉じられるとエラー効果の強さは明らかに減少します—前述のように、これを確かめることはできません。

SCP-436の影響を受けた測定値の平均を求めても、更に正確な測定値を計算することはできません。これらが効果から独立していないことを注意してください—単純な測定値の平均ではとても偏差が出ます。複数の試行によって複数の平均値を求めても、より正確な結果は得られません;SCP-436が[編集済]無しで多層的な効果をどのようにして出しているかは不明です。

付録:SCP-436を取り扱うときは、平らで開けた場所に残してください。職員がコンテナを離れるとき、我々は再び見つけるのに苦労しますし、見つけても開けるのは簡単ではありません。-████████博士

  • 最終更新:2016-06-28 21:21:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード