SCP-395

SCP-395.jpg
SCP-395
SCP-395 - The Bottle Baby (瓶詰胎児)
© Reaperwolf 2010

Item #: SCP-395

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-395は、少なくとも10メートルの幅を持つ施錠された部屋の中央に保管してください。女性職員は、いかなる状況下であってもSCP-395の部屋に入ることは許可されません。部屋は常に、2人の男性職員によって警備してください。SCP-395が異常な振る舞いをしたら、直ちに報告してください。SCP-395の一部分が、何の助けも借りずに動いた場合も、同様に報告してください。SCP-395には、週に一度、同じ人物から採取された血液と母乳を1:1の割合で混ぜた1リットルの液体を、食料として与えてください。

概要: SCP-395は、標本用の瓶に入れられた、生後約7か月の人間の胎児です。瓶は血液の痕跡が残っており、ホルムアルデヒド溶液(ホルマリン)で満たされています。

人間の女性が瓶から5メートル以内に近づいたとき、SCP-395は彼女に精神感応的に影響を与えることができます。その時点で、被験者はSCP-395を瓶から取り出し、通常と同じ方法で食事を与える必要があると感じます。年齢や健康状態にかかわらず、全ての女性がテレパシーの誘導により、母乳を分泌するようになります。母乳が飲み干されると、SCP-395はさらに食事を欲し、血を吸い出し、被験者の肉を齧ります。この過程の間ずっと、被験者は喜びを感じているように見受けられ、実際に何が起きたのか理解するのは、SCP-395が飽きて支配から離れてからです。

SCP-395は、旅の見世物小屋で回収され、所有者は、自分の女を支配するために使用していました。警官が彼の犠牲者の死体を追跡しているとき、SCP-395を発見しました。逮捕する警官の一人がSCP-395に支配され、瓶から取り出そうとするのを止めようとした仲間により殺されました。財団のエージェントが徹底的に調査し、SCP-395を入手しました。

SCP-395の所有者への取り調べは、事実をほとんど明らかにしませんでした。彼は、SCP-395を小屋の前の所有者が残した財産と共に入手しました。財産に含まれていた文書には、SCP-395は1900年初頭に、医大付属病院から購入されたものだと書かれていました。SCP-395の両親に関する情報は含まれていませんでした。
 男性職員による実験は、SCP-395が瓶の中に入っている間、何の生命反応も発見できません。人間の女性がSCP-395の範囲内に入ったときのみ、それは活動的になり、かすかな心臓の鼓動と、高いレベルの脳の活動を示します。

  • 最終更新:2016-07-02 04:42:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード