SCP-373

SCP-373 - Ghost Record (幽霊レコード)
© Eskobar 2012
SCP-373.jpg
試験中のSCP-373

Item #: SCP-373

Object Class: Safe

取扱方: SCP-373は、サイト-38の収容ロッカーに保持されます。SCP-373およびSCP-373-A反復の試験のための持ち出しは、許可を受けた担当者が行わなければなりません。テスト権限の即時取り消しの事由には以下のようなものが挙げられますが、これに限定されません: 最近愛する人を失っている(5年間の権限停止)、他のSCPオブジェクトの乱用歴、または収用手続き違反歴(永久的停止)、何らかの超常現象研究団体または降霊会への参加歴(サイトディレクターの許可あるまで停止)

████主任研究員による警告: このデバイスの潜在的な影響力のために、SCP-373-A実体および彼らと親しかった人物には、冷静さを保つことが要求される。率直に言えば、このSCPは彼らと交信するのではなく、彼らを作成するものだ。この能力に対して責任を持って対処することのできない職員にアクセスを許可すべきではない。

████主任研究員による警告: 追って通知があるまで試験は保留される。付録373-3を参照せよ。付録373-4に従い、Dクラス職員による試験を行う。

SCP-373-A実体に関する知識を最大限の効率で収集するために、SCP-373で使用されるすべてのレコードは回転数33 1/2 rpmのビニール盤で、歌詞が多い、または発話を録音したものである必要があります。オーディオブック、コメディアルバム、および他の主に音声ベースのレコードが奨励されています; インストゥルメンタルやオーケストラ演奏のものは禁止されています。

概要: SCP-373は、アンティークの蓄音機です。装置の表示によれば、それが191█に製造されたことが示されています。;追加のラベルは、装置が「█████ Laboratories, Inc.」と呼ばれる施設で194█年後半に改修されたことを示しています。装置は、木製のケースに埋め込まれたクランク駆動のターンテーブル、アルミ製のスタイラスを備えたトーンアーム、やや変色した銀のホーンで構成されています。

SCP-373上で任意のレコードが再生されたとき、SCP-373は、特定のパターンに応じて、その音声を変更する能力を発現させます。具体的には、元の歌詞やモノローグは、およそ4つの単語またはフレーズごとに改変されることが研究によって示されています。改変された新しい単語をつなぎ合わせると、未知の実体による一続きのメッセージ、または陳述を表現しています。これらの実体は、SCP-373-AX(「X」には、発見された実体が識別された順に数字が割り当てられます)と呼称されます。各実体は、レコードの再生時間の間通信することができます;同じレコードを再度演奏すると、同じ実体が話し始めますが、実体は以前の会話を覚えていないと主張します。

SCP-373のコミュニケーションの大げさな性質のために、レコードが終わる前に財団の研究者に重要な情報を伝えることのできる実体は稀です。しかし、回転中のレコードから針を持ち上げてホーンに向けて話すことで、双方向通信が可能であることが研究によって示されました。有用なコミュニケーションを行うには、両者が話す際に、レコードは本来の再生速度で回転している必要があります;レコードをゆっくり回転させる、または停止させてホーンに話しかけた場合、それは甲高い音に聞こえると全てのSCP-373-A実体は報告しており、その逆の現象も報告されています。

付録373-1: SCP-373-A実体の記録(要約)
実体: SCP-373-A3
再生回数 #: 1
レコード: 「ペインキラー」(PAINKILLER): ジューダス・プリースト(JUDAS PRIEST)
前書: 初期の科学的分析の試みである。音楽・疑問双方の選択肢が大幅に任意だった。双方向通信はまだ理解されていない。以下の文章には、出力された歌詞の全体が含まれる;以降のエントリーにおいては、改変を受けた単語のみが含まれる。
結果: トラック1「ペインキラー」の再生により、以下の出力が得られた:

記録

実体: SCP-373-A3
再生回数 #: 8
レコード: 「ペインキラー」(PAINKILLER): ジューダス・プリースト(JUDAS PRIEST)
前書: 首尾一貫し、記録に値する双方向通信の最初の例。便宜上、会話に関係のある語句のみに編集して記載する。
結果: 以下のSCP-373-A3実例に対するインタビューは、Kim研究員が行った。

Kim: (レコードの開始と同時に針を上げて話しかける)こんにちは、どうか落ち着いて下さい。あなたは事故に遭いました。我々はあなたを助けようとしているところです。お名前を教えて下さい。
 
SCP-373-A3: こんにちは…ああ…ありがとう…神(goodness)よ…私は…死んだ…ものと…

Kim: お名前を教えて下さいますか?

SCP-373-A3: 私の…名前は…Mary…Turner…です…私…夢を…見て…いました…あの…人たちが…絞首刑に…

Kim: ありがとう、Mary。何が見えますか?

SCP-373-A3: 何も…真っ暗で…何の…光も…あなたの…声だけ…どうか…助けて…

Kim: 大丈夫、もう少しです。どうかしっかり。あなたのお住まいと、それと、今が何日かはわかりますか?

SCP-373-A3: Folsomの…Valdosta…私の…赤ちゃんは…大丈夫…

Kim: 大丈夫ですよ、お母さん。それで、今は何年ですか?

SCP-373-A3: どういう…意味…千九百…十八…

レコード終了。レコードをひっくり返したところ、他の試験同様、再度会話が始まった。
実体: SCP-373-A24
再生回数 #: 2
レコード: Item-π-2
前書: Item-π-2は、チャールズ·ディケンズの二都物語の​​急速な(しかしはっきりと聞こえる)朗読からなるビニールレコードで、テストの目的でサイト-38で製作されました。急速な朗読速度のために、SCP-373-A実体の潜在的な会話能力が高まり、毎分約720語の発話を可能になります。
結果: 以下のSCP-373-A24実例に対するインタビューは、Kim研究員が行った。

Kim: こんにちは。事故があったため、我々はあなたを救助しようとしています。ですが、あなたに落ち着いて頂く必要があります。最後に何があったか思い出せますか?

SCP-373-A24: Harry…あなた…

Kim: すみません、落ち着いてください。あなたは最後に何をしていましたか?

SCP-373-A24: Harry…私よ…Susanよ…あの時…車が…氷で…スリップして…

Kim: (動揺が表れる)Susan? Susanなのか!? ああ、なんてこった、Susan、そこにいるのか? その中に……

Lucas研究助手: Harry、待ってください。彼らにこちらのことを教えるのは……

Kim: Joey、彼女がいるんだ! 私の妻が! この中に! (SCP-373に向かって)私だ、愛しているよ! おお、神よ! Susan、君がいなくなってもう一年近くなる、だが、君は今戻ってきた!

Lucas: 保安ですよ! ここでは機密を保持しなければ! (Kim研究員を抑制しようと試みる)誰か! Kim研究員が収容手順違反を!

Kim: (Lucas助手を殴り倒し、SCP-373のホーンをつかんで揺する)そこから出してやるからな! 待っててくれ!

(数人のエージェントが室内に入り、Kim研究員を連行する。その過程で、SCP-373は地面に転げ落ちる)

実験終了。SCP-373の損傷は修復された。Lucas助手は治療を受けた。Kim研究員は、抑制を試みたエージェントに対して攻撃したために終了された。
付録373-2: 最近の2ヶ月間において、SCP-373-A実体は、自らを財団職員の親戚や親しい友人として提示するより大きな傾向を示してきました。これは、レコードをランダムに選択する我々の努力にもかかわらず進行しています;統計的に見て、SCP-373が、偶然にこのような個人を選択したということはありそうにありません。パターンが識別できるまで、テストの中止を要請します。 - Lucas研究員

付録373-3: 要求を承認する。 - ████主任研究員

付録373-4: ここ3週間で、4人の異なる研究者が、個人的な目的でSCP-373にアクセスを試みて拘束されています。ある事例では、研究者は、死亡した自分の娘だと信じているSCP-373-A実体を含むレコードの使用を開始することに成功しました。現在のサイト-38の見解では、SCP-373は使用者の精神的苦悩を意図的に利用して、使用者を操っているものと思われます;加えて、これらの収容手順違反はSCP-373と対面した経験のある財団研究者によるものです。使用から時間が経つにつれて、個人に影響を与える力が増していくのを抑制する必要があります。捕食者は、給餌から時間が経つとより一層強引になるものです。そこで、2週間おきに、許可を受けたDクラスにSCP-373を使用させ、状況のエスカレートを抑制することを提案します。

付録373-5: 要求を承認する。 - ████主任研究員

  • 最終更新:2016-07-02 03:15:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード