SCP-365

SCP-365 - Pool Noodle (浮き棒)
© CondorTalon 2010

Item #: SCP-365

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-365はサイト-23の収納ロッカーに収容されます。SCP-365は実験に用いられるものを除き、いずれの水域からも隔離されなければなりません。SCP-365はいかなる場合においても実験プール内に収容されます。実験プールへの扉は最低一人の警備員によって施錠され、監視されます(補遺365-02を参照)実験を要求する際は、レベル3の研究者によって承認される必要があります。

概要: SCP-365は緑色のポリエチレン製のチューブ型浮き棒です。SCP-365単体では、異常な特性は確認されず、同サイズの典型的な浮き棒と同様の物理的特性を持ちます。SCP-365の異常な性質は、水域内に配置されたときに発揮されます。被験者が同水域内で完全に沈むと、被験者は水からの脱出が不可能となります。

このとき被験者は恐怖感を報告し、泳げども泳げども水しか見えず、まるで無限に広がる海中にいると説明します。(録音記録365-03を参照)このとき、外部からの観測では、被験者は単にその場でもがいているようにしか見えないことに十分に注意してください。

沈没した人間を水から取り除く唯一の方法は、SCP-365を水域から取り除き、この効果を停止させることです。他の全ての方法による救助は失敗に終わりました;ケーブルやロープは不自然な抵抗を受け切断し、排水システムは故障、人間による直接の介入は[データ削除]。

補遺365-01:
SCP-365は██/██/19██に、███████, ██████で発見されました。財団の回収担当者は██████████市民プールで、██名の市民の遺体と共にあるそれを見つけましたが、SCP-365の異常な特性が知られていなかったために、█名のエージェントが命を落としました。 最終的にSCP-365はプールから取り除かれた上で回収され、プール内の温度維持用給湯器から一酸化炭素が発生したというカバーストーリーが適用されました。

補遺365-02:
██/██/20██に、研究者█████はサイト-23内の廊下19が水没しているのを発見しました。█████はSCP-365の収納ロッカーから5リッター毎分で水が漏れだしているのに気付いたため、彼女はすぐにタロン博士を呼びました。タロン博士は収納ロッカーを開き、SCP-365がその穴から水を生成しているのを発見しました。その後、SCP-365は実験用プールに移されると、SCP-365による水の流れは停止しました。SCP-365の取扱方はこの事例に応じ、変更されています。

  • 最終更新:2016-07-01 04:17:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード