SCP-2983

SCP-2983 - Capel Celyn (カペル・ケラン)
© Wils 2015

Item #: SCP-2983

Object Class: Safe

取扱方: その位置関係上、SCP-2983は現地で収容されています。機動部隊オメガ-3(“立証者”)がプロトコル745-グリンドゥルに従ってサイトに接近する民間人を阻止します。

SCP-2983-1から-13は保安上の脅威を示さず、SCP-2983の自然な境界によって事実上の自己収容下にあります。従って、現地での行動監視は段階的拡大プロトコル・ウブリエット-072の十分な対象となります。

概要: SCP-2983はウェールズのアボン・トラウエリンにある、水没したカペル・ケラン村です。当村は1965年、ケラン貯水湖を作る際に湖底に沈められ、住民48名の強制退去が行われました。

1971年、湖底の定期測量において、かつて異常性を持っていなかった住民SCP-2983-1から-13が、水没した家屋6棟の内部に再居住していたことが判明しました。13名は全員、墓地に近親者が埋葬されており、それを理由に水没に反対していました (*1)

個体らは現在、不明なプロセスを経て排他的に水中生活のみを維持しており、自らの現状・外界・財団の監視に気付いている様子を見せません。

ログSCP-2983-1-f-05-1976-09-12-07-46:
SCP-2983-6はコテージを出て、本通りを歩いて下り、ムンウェント・イ・クラァンウィル (*2)へと入場する。非異常性人間の水中歩行に類似した緩慢な足取り。個体はE-05、N-09、N-12の墓石から堆積物を払い、枯れた花を捧げる。個体は頭上25m、湖の水面に浮いている花に気付いた様子を見せない。幾つかの単語を口にする(視界不良により内容不明)。個体は帰宅前に16分間墓地に座っていた。

  • 最終更新:2016-06-26 18:34:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード