SCP-2980

SCP-2980-light_convert.jpg
試験中のSCP-2980
SCP-2980 - Devil's Nightlight (悪魔の常夜灯)
© djkaktus 2014

Item #: SCP-2980

Object Class: Safe

取扱方: SCP-2980はサイト-81の物品用標準棚に収容する事とします。倉庫からのSCP-2980の持ち出しは試験目的のみ可とします。

概要: SCP-2980は製造元不明のこれといった特徴の無い白熱電灯で、上部に125 V規格用プラスチック製コンセントプラグが付いています。 電球自体は透明色で、通常のフィラメントと配線構造を擁します。電灯の傘は赤い色をしており、『笑い顔』のマークが両面に描かれ、前方部には小さな黒い電源スイッチがあります。

SCP-2980を125 V規格のコンセントに繋ぎスイッチを入れると、その時点でコンセントに電力が供給されているか否かに関わらず、その地方での20時30分を回った際にSCP-2980の電灯が点き赤い光を放ちます。20時30分の時点で電源が入っている同室内の他の灯りは全て、光源がSCP-2980のみとなるまで急速に減光していきます。

SCP-2980の点灯時において、SCP-2980-1に指定されるクラスV相当の人型有体存在が、SCP-2980の灯る室内のどこかに現れます。SCP-2980-1は大柄で、ひづめの付いた二足で立ち、赤黒い肌を持ち巻き角の生えた生物の姿をしています。これらの外見的特徴以外では、SCP-2980-1は人間では無いものの、人間の顏、胴体、両腕を持った姿をしています。

出現後15分から30分の間、SCP-2980-1は傍に居る者に短編の物語集を読み聞かせます。羊皮紙に革製の表紙が付いた小型の黒い本をSCP-2980-1は読み上げます。目立った点としては、SCP-2980-1は本を読む最中は眼鏡をかけています。これら物語の終わりが来ると、読み聞かせの対象者ならば眠りに落ち、SCP-2980-1は消え返ります。SCP-2980は電源が切られるまで灯り続けます。SCP-2980-1の物語を聞き終えた者は例外無くその話の終結と共に眠りに落ち、大凡9時間後に目覚めます。その後対象者は一概に快眠を主張します。

SCP-2980-1へのインタビュー


補遺2980-A: SCP-2980-1の物語例

以下は封じ込め中にSCP-2980-1が読んだ物語の例とその概要です。
見習い宇宙飛行士のちび悪魔
宇宙へ行く事を夢見る小さな悪魔を描いた物語です。悪魔は人骨製の宇宙船を作成し、月へ飛行すべく乗り込みます。
世にもおぞましきグログはおねむの時間
主人公である世にもおぞましきグログが、千年にも渡る眠りに就くため相応しい場所を探し回る物語です。冒頭から終わりまでグログの眠そうな様子が幾度も言及されます。
ベルゼブブちゃんを眠らせて
顕現後間もない蝿の王の乳児を寝かしつけるべく準備中の、大きな虫型の生物を描いた物語です。物語はベルゼブブが地獄行きの人間の魂で織られた毛布に包まれ、犠牲者の悲鳴の中で眠りに就く所で終わります。
[編集済]
SCP-████に関する機密事項を含んでいました。SCP-2980-1に質問すると、物語は想像上のオリジナル物だと主張しました。
ダムンビ
母を殺され酷く嘆き悲しむ子鹿を描いた物語で、悪魔との契約に署名し、殺戮に荒れ狂ううちに角は邪悪な形状に捻じ曲がり、遂には天から放逐されます。物語はダムンビが過酷な復讐の末に仇敵の死体に囲まれ眠りに就く所で終わります。

補遺2980-B


  • 最終更新:2016-12-24 02:38:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード