SCP-2949

SCP-2949 - Observable Televised Feline Migration (お使いのテレビ内の砂嵐の猫は、もっと快適な場所に移動しているところです)
© minmin 2016
SCP-2949_statictiger.jpg
SCP-2949

Item #: SCP-2949

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-2949は現在、その特性のために封じ込め不可能です。その出現は、アナログテレビを時代遅れのものと見なし段階的な廃止を奨励することで制御されます。SCP-2949が将来的に封じ込め外で出現するには、影響下にある数少ないテレビを保有する一般市民がこのテレビの砂嵐画面を意図的に12時間以上観察することが必要です。この組み合わせが発生することは極めて稀であると考えられ、SCP-2949の再出現は主要な懸念とは見られていません。しかしながら、野生下でのSCP-2949-1実体の報告は真剣に受け止められるべきです。実体はできる限り早く位置を特定して捕獲してください。適切な大きさの金属箔シートを用いることで即時の無力化が可能です。

概要: SCP-2949はこれまでに生産されたあらゆるアナログテレビの3%に影響を与える現象です。対象が広範囲に存在しているため、財団はSCP-2949影響下のテレビを完全に収容することができていません。SCP-2949は人口の多い都市部でより多く目撃されていますが、これは人口密度の高い場所でより多くの異常現象の報告がなされることによる統計的バイアスである可能性もあります。

SCP-2949は放送が行われていないチャンネルに合わせたアナログテレビの画面上において視覚的逸脱の形で出現します。実験では、SCP-2949が観測され始めるにはデバイスのチャンネルを6時間以上合わせておかなければならないと判明しており、これは一般人からのSCP-2949報告例が比較的少ないという事実に寄与しています。多くの逸脱は縞状または斑点状のような形態を取りますが、稀にネコの顔やノイズの中で動く影のような外見となることもあります。観察を続けるとこの形状は徐々に鮮明なものに変化し、漠然とトラ、ヒョウ、イエネコなどのネコ科動物と識別できる形状となります。

遠隔または直接的な手段を用いてこの現象をさらに6-8時間観察し続けることで、最終的に完全に形成されたSCP-2949-1実体がテレビ画面から出現します。SCP-2949-1実体はテレビの砂嵐で構成されているような外見の、ネコ科動物に類似した存在です。物理的な質感は「スチールウール」または「暖かくざらざらしている」と表現されます。SCP-2949-1実体は敵意を示さず、食物、水、睡眠は必要ありません。

出現した実体は、自身が十分に収まる大きさの最も近い反射性表面を探そうとする傾向にあります。その後、実体はその表面を通り抜けて消失します。SCP-2949-1が消失することが観察されている表面には鏡、窓、他のテレビ画面が含まれます。

SCP-2949-1の目撃事例は1980年代後半から1990年代半ばがピークでしたが、デジタルテレビ信号の国際的標準としての採択が増加するにつれて急激に減少しました。

様々なテレビ放送の背景に「砂嵐の猫」を目撃したという報告が疎らに存在しますが、これは確認されていません。この関連現象の調査は進行中です。

  • 最終更新:2016-12-06 12:04:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード