SCP-2884

SCP-2884 - One Nation Under CCTV (監視下の一国)
© Zacharia H 2015

Item #: SCP-2884

Object Class: Euclid

取扱方: 2015/09/01現在、計84名の財団職員がイギリス国家犯罪対策庁、イギリス保安産業協会、および英国内の関連するセキュリティ組織に潜入しています。これらの職員は以下に挙げる指令を実行します。

  • イギリスの監視社会化と、都市部へのビデオ監視機器の設置の増加を支援する法案の推進
  • SCP-2884-1実例およびSCP-2884-2個体の識別
  • SCP-2884-1実例およびSCP-2884-2個体の目撃情報が確証された場合の、機動部隊シータ-11(“ビッグ・ブラザー”)への通知
  • “監視者(The Overseer)”の名で知られる人物/グループ/実体との関連性に関する調査
2884tumblr_mdy8gqHYd01ry5s4ko1_500.jpg
SCP-2884-1配置の一例。

SCP-2884-1と確認された全ての実例は除去し、続いて適切な形式の標準的なビデオ監視装置へ置換します。全てのSCP-2884-2個体は可能な限り捕縛し、サイト06-3への移送を待つ間は確保施設M84(“シルビアの段ボールおよび紙類取扱株式会社 / Sylvia's Cardboard and Paper Ltd.”)に拘留します。

概要: SCP-2884はイギリス国内の開発地域に影響を及ぼしている現象です。SCP-2884は、犯罪率が比較的高いエリアに発現する可能性が高いという点を除き、場所や発生率に識別可能なパターンが示されません。

SCP-2884-1は、SCP-2884の影響を受けた地域に現れる監視カメラです。SCP-2884-1は既存のビデオ監視機器の視界の外側にのみ出現し、多くの場合は過剰な数で、一見したところ不合理な配置が行われています。

注目すべきSCP-2884-1配置のログ


SCP-2884-1実例の検査は、従来の手段による到達は極めて困難であろう場所で観察されたものも含め、未知の人物が標準的な方法で設置したことを示唆します。SCP-2884-1実例の設置/出現は概ね21:00~05:00の間に発生することが分かっていますが、この発生の瞬間はまだ財団職員や標準的ビデオ監視機器によって捉えられていません。
2884eye_silkscreen.jpg
SCP-2884-1の回路上のマークのクローズアップ。

SCP-2884-1実例は目に見える動力源無しに機能しているようです。分解によって、実例は標準的な市販の電子機器と、起源不明の数多くの部品を組み合わせて構成されていることが明らかになりました。非標準的な部品の幾つかには、人間の目のイメージが刻印されています。

SCP-2884-1実例は分解時に機能を停止し、現在までのところ、細心の注意を払った再組立てを実行した場合でも、それ以降は非機能性のままです。

SCP-2884-2はヒト型実体の総称です。SCP-2884-2個体は肉体的かつ遺伝的に同一であり、身長・体重・体格・肌の色合いなどに僅かな差すらありません。個体は指紋・毛髪・生殖器官・目を欠いています。個体の眼窩は中空であり、眼球が外科的に除去された痕跡を見せています。個体群は常に同一のダークブルーの暴動鎮圧用出動服とヘルメットを着用した状態で発見されました。各個体のヘルメットの上には(SCP-2884-1と同一の)監視カメラ1台が据え付けられています。特殊なケーブルが首の後ろを経由してこのカメラとSCP-2884-2個体の脳幹を直接的に接続しており、個体は機器を介した視覚を得ることが可能となっています。この神経系インターフェースがどのようにして成り立っているのかは、完全には理解されていません。
2884cctv.jpg
SCP-2884-2個体。

SCP-2884-2個体は、SCP-2884-1実例が知覚可能な“犯罪”行為を観測すると、該当エリアに出現します。個体は2~10体の徒党を組んで、近隣の人間やビデオ機器(SCP-2884-1を除く)から直接的に監視されていない最も近い場所に現れ、その後、犯罪者への“処罰”を開始します。罰の形態は以下の通りです。

  • 犯罪者からの衣料品の部分的、もしくは完全な除去。
  • 鈍器による攻撃。
  • 犯罪者を囲んで、最大5分間、大声で叫ぶ。
  • 拘束。この場合、SCP-2884-2個体は犯罪者に向き合って、黙秘権 (*1)の無意味な模倣版を暗唱します。その後、犯罪者は人間やビデオ機器の視界外へと肉体的に連れ去られます。

SCP-2884“逮捕”事案の転写


事案2884-01:

SCP-2884-2個体は、主として出現時間の短さから、捕獲が困難です。しかしながら2010/11/02、ロンドンのグリニッジ地区において複数の民間人が暴動鎮圧服を着た正体不明の集団に攻撃されたという報告に続き、即時出動した財団対応チームは5体のSCP-2884-2個体を捕獲することに成功しました。SCP-2884-2個体は激しく反撃し、強制的に拘束される前に異常な肉体的強度とエアロゾル化鎮静剤への抵抗力を示しました。捕獲された個体はSCP-2884-2-Aから-Eと指定されました。

インタビュー2884-01を開く


  • 最終更新:2016-06-26 18:13:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード