SCP-2828

SCP-2828 - Antimemetic Body Part (反ミーム的身体部位)
© ooblex 2015

Item #: SCP-2828

Object Class: Safe Euclid

取扱方: SCP-2828は現在未収容であり、全世界の人間集団に遍在しています。しかし強力な記憶補強薬を用いなければ発見は不可能であるため、セキュリティ違反や公衆による発見のリスクは最低限だと見なされています。

製薬会社または化学薬品製造会社で高い地位を装う財団秘密工作員は、記憶補強能を持つあらゆる化学物質の生産プロジェクトを監視し、その物質のプロトタイプを調達してください。SCP-2828を知覚することを容易とする作用があるかどうか実験が行われ、それに基づいて研究継続の可否が決定されます。財団工作員は、SCP-2828に言及する可能性のあるインターネット上の投稿や科学雑誌を常に調査してください。

SCP-2828の外見、質感、音、匂い、味についての記録は、記録情報セキュリティ管理室(RAISA)と反ミーム部門の職員の二重盲検によってDクラス職員を用いた安全性試験が行われ、適宜編集や削除が行われます。

概要: SCP-2828は反ミーム作用を持ちほぼ発見不可能な人体の部位で、耳の後ろに位置します。身体におけるSCP-2828の役割は事実上存在せず、完全な痕跡器官であると仮定されています。

SCP-2828はクラスWかそれ以上の強度の記憶補強薬を用いなければ知覚できず、そうしたとしてもその知覚の範囲は制限されます。つまり、SCP-2828はただ一つの感覚 (*1)でしか知覚することができません。ある被験者によって特定の感覚がSCP-2828の知覚に最初に用いられると、被験者は以後、その感覚によってのみSCP-2828を知覚できます。例えば、SCP-2828に触れた、音を聞いた、匂いを嗅いだ、味を見た経験のない被験者がSCP-2828を見た場合、被験者は以後それに触れる、音を聞く、匂いを嗅ぐ、味を見ることが不可能になります。

この作用はあらゆる形態のコミュニケーションに及びます。SCP-2828を見たことのある被験者は、その匂いを示す文書や発言、それが立てる音 (*2)の解説などを理解することができません。記憶処理はSCP-2828の記憶を消去することが可能ですが、それを行ったとしても、対象は最初の知覚に用いられた以外の感覚でSCP-2828を知覚することはできません。これは、SCP-2828がそれを知覚した対象の脳内の化学的環境を恒久的に改変するためだと考えられています。

記憶補強薬の影響下でSCP-2828を知覚したことのない被験者は、SCP-2828を別個の感覚で説明した複数の情報源を完全に把握することが可能です。しかし、この後に被験者が記憶補強薬を用いていずれかの感覚によるSCP-2828の知覚を試みると、[編集済]。このため、いかなる財団職員もSCP-2828の外見、質感、音、匂い、味についての複雑な、または比較的詳細な説明を学ばないことが不可欠です(取扱方を参照)。

これ以外にSCP-2828に即時の危険性はなく、他の異常性質もありません。

実験記録の一部


認識災害警告;要レベル3資格情報


補遺2828-01: SCP-2828は19██年、財団研究員でサイト-██の臨床医の一人でもあったA██████博士が反ミーム部門に異動となった際に発見されました。全ての反ミーム部門職員と同様に、彼女はクラスW記憶補強薬を処方されました。彼女はサイト-██の臨床医としても働き続けましたが、2日後の██月██日、A██████博士はエージェント・F███の半年毎の健康診断の際に彼の耳の後ろの特異性に気付きました。彼女はそこに触れましたが何の触覚刺激も感じられず、自身の耳の後ろを触った場合も同様でした。明らかな異常影響を認識したことで、彼女はサイト管理官S███████に直ちに報告しました。

補遺2828-02: 19██年6月17日の事件の後、SCP-2828に関する全ての実験はサイト管理官S███████によって中断されました。

  • 最終更新:2016-06-26 18:10:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード