SCP-2807

(訳者注: 構文上の制限により、若干オリジナルと表現手法が異なっています。より忠実な翻訳版はhttp://ja.scp-wiki.net/scp-2807をご覧ください)


SCP-2807 - Ancient Foundation Burial Ground (財団の古い埋葬地)

アイテム番号: SCP-2807

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 収容はSCP-2807へのアクセスを制御することに焦点を当てます。その有用な効果のため、サイト-04は医療サイトに転換されました。
 
サイト-04から半径3kmの範囲で規制線が設定され、神聖な地域で考古学的発掘の対象であるとしてアクセスを制限されます。サイト-04はSCP-2807を包括しています。
 
SCP-2807へのアクセスはDクラス人員に限られます。医療トレーニングを受けたDクラス人員が恒久的に施設へ配置されねばなりません。これらの資格を欠く人員がSCP-2807に侵入した場合、ただちにクリアランスを剥奪されてDクラスとして再分類されねばなりません。
 
概要: SCP-2807はトルコ東部、アニ遺跡の近辺に位置しています。SCP-2807はコントロールセンターを除くサイト-04を指し、センターは残りのサイトから離れた位置に存在しています。SCP-2807はかつて放棄されていた財団の貯蔵施設であり、築200年以上と推定されており、[編集済]イベントの後に放棄されたとみられます。数度の突破の試みにも関わらず、内部の貯蔵施設は無傷です。SCP-████と複数の文書が回収されました。
 
SCP-2807の効果は最初にDクラス回復棟で認められました ― 財団サイトでの医療統計において、重大な傷害(簡易傷害尺度における4~6)を負ったDクラスが他の要因を調整してもなお予測の███%以上回復したことを示しました。また、何人かのDクラスは以前に致命的であると思われていた負傷から回復しました。しかしながら、このような医学的以上は現地のDクラスにのみ発生しました ― 他の財団人員に対する治療は標準の範囲内にとどまりました。
 

文書2807-1 - その他 - 要レベル4/2807クリアランス


文書2807-2 - 歴史的情報 - 要レベル4/2807クリアランス


  • 最終更新:2017-01-21 03:51:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード