SCP-2791

SCP-2791 - Fauste Bank plc (ファウスト銀行)
SCP-2791.jpg
SCP-2791ネットワークの概略図。それぞれの頂点は単一の実体を表し、1つ以上の誓約によりリンクしている場合に頂点間に辺が引かれています。

Item #: SCP-2791

Object Class: Euclid

取扱方:SCP-2791の作成と保守の責任があるITCD銀行雇用のすべてのスタッフ ― つまりITCD銀行のエクストラグローバル・オペレーション部門(Extraglobal Operations, EO)のすべての過去および現在のメンバー) ― は、SCP-2791との接触をいつ行なうのかに関して完全な裁量権を持ちます。財団職員はエクストラグローバル・オペレーションスタッフの明示的な許可を受けずに、SCP-2791システム要素の作成、修正、削除、またはその他の影響を与えることをしてはなりません。ただし認可された財団職員は、エクストラグローバル・オペレーションスタッフが相互合意に基づくGARMR (*1)の条項に従うように働きかけを行います。

GARMRに示されている通り、エクストラグローバル・オペレーションスタッフはオープンかつ諮問的な収容下に置かれ、本来の発見場所から自由に移動することの許可権利 (*2)を持ちます。この場所は██████████ビルの24階にあり、SCP-2791の諮問収容所に指定されています。██████████ビルの他の44フロアは通常の使用状態のままです。GARMRの通り、財団はセキュリティ、清掃スタッフ、食事、および[編集済]を含む、エクストラグローバル・オペレーション部門を機能させ快適に過ごすために必要なすべてのサービスを提供します。

機動部隊シータ-8("見えない手")は上述の諮問収容所に常駐し、エクストラグローバル・オペレーションスタッフの間でGARMRが遵守されるように働きかける任務につきます (*3)。機動部隊シータ-8がGARMRの遵守を主張する際に、明示的または暗黙的な武力を使用することは禁じられています。

SCP-2791それ自体の収容は名目上です。SCP-2791に関する財団の方針は、GARMRに概説されているように徐々に縮小させていくことに重点を置いています。SCP-2791システムの多くの誓約が指定された満期に逐次到達していくため、GARMRではそれらが更新されたり、新しい誓約に置き換えられたりしてはならないと規定しています。GARMRでは特定の指定された状況を除いて、SCP-2791システムに新たな誓約を追加しないように勧告しています。このことにより長期的に異常規模を縮小させることが期待されています。

概要:SCP-2791は、ITCD銀行のエクストラグローバル・オペレーション部門によって作成および保守される異常プロセスのネットワークです。

ネットワークの注目すべき特徴の要点は以下の通りです。

第一に、SCP-2791は様々な異常現象を利用しており、ほぼすべての主要な連続的異常プロセスのクラスを用います。典型的な取引ベースの異常性、例えば魔術的協定や血の魔術による契約、魂の取引などが特に多く、全SCP-2791プロセスの86%を占めます。このような多種多様な異常性とのコミュニケーションであることを明確にするため、SCP-2791の収容に関する文献では、「誓約」という一般的な用語をSCP-2791内のあらゆる種類の異常プロセスを指すために用います。

第二に、SCP-2791は特定の種類の異常実体を頻繁に使用します。古典的な取引ベースの誓約では98%、その他の誓約では21%において、余剰次元的現実改変者の代表クラスに属する実体が、仲介者や契約当事者として行動することが判明しています。

このクラスの実体は特有の儀式的手順を使用することでこの次元に送られ、召喚されます。これらの儀式に繰り返し見られる要素には、呪文の詠唱、特定の幾何パターンの刻印、炎の使用、および生物有機体の生贄などが含まれます。顕在化するとき実体は人型の身体構造を持ちますが、しばしば肉体的な異常 (*4)や他の哺乳類の解剖学的特徴 (*5)を示します。実体は知性と人間の言語能力を見せます。

これらの実体は召喚されたとき、常に現実改変者としてのサービスを提示し、召喚者に利益をもたらす異常効果の生成や仲介を提案します。しかし、彼らは交換として様々なある種の個人的代価を要求します:観測された代価には、召喚者の指4本、召喚者の名前のすべての記憶の完全な破壊、召喚者の自然な死の際に時間拡張されたポケットディメンションの中で不特定の時間の「激しい苦痛」を与えることが含まれます。実体は取引を行なうとき、非常に利己的かつ狡く行動します。例えば、彼らはしばしば召喚者がその代価を完全には認識しないまま契約するように取引の条件を定式化しようとします。

第三に、SCP-2791の全体的な結果はITCD銀行とその従業員に対し、特に金融活動の面において多くの好ましい結果を提供します。それぞれの結果は、SCP-2791内のリンクされた誓約によって構成される異なるサブシステムによって生成されます。通常、誓約サブシステムは最終的な受益者が負うであろう負の影響を緩和するように構成されています。グラフ理論の用語では、これらのサブシステムはSCP-2791マルチグラフのサブグラフと重なります (*6)

第四に、SCP-2791は広大です。最新の全体調査では、SCP-2791には11,000,000以上の個別の誓約が含まれており、40,000を超える異常実体が関連しています。

GARMRの概要:現実の規制および保守に関する一般協定(2015, 第21版)の要旨を以下に示します。協定の全文は文書2791-Aに記載されています。 オリジナルの2010年版からの改訂部分がハイライトされています。

GARMRの概要を表示


ケーススタディ:SCP-2791内の11,000,000の誓約は約800,000のサブグループに分類されています。多くの場合において、各サブグループは全システム内部のある「閉路」と考えることができ、ITCD銀行に特定の結果的利益をもたらすように設計されており、他のサブグループとは独立して動作します。SCP-2791システム内の800,000のサブグループのうち、104個が財団によって機密指定されています。 各サブグループと全体的なSCP-2791システムの複雑さは、異常性を理解し収容することを困難にしています。

SCP-2791-126101と名づけられた誓約のサブグラフは、財団が大部分を理解していると考える数少ないサブグラフの1つです。SCP-2791内の誓約サブグラフの構造についての洞察を提供するために、SCP-2791-126101の説明を以下に示します。

SCP-2791-126101 ケーススタディの表示


歴史:1996年、プロメテウス・ラボは長年計画されていた超エネルギー魔術収集器(Superenergetic Thaumaturgy Collector, STC)と呼ばれる実験施設の建設を開始しました。その意図された機能は、強力な魔術イベントの生成と解析を行い、究極的な目標として魔術的現象の説明を行なう物理法則の理論体系を作り出すことでした。その施設は[編集済]およびその後のプロメテウス・ラボの崩壊のため、決して完成することはありませんでした。

SCP-2791の形成の前、ITCD銀行は1897年に北京支店長とアマチュア神秘主義者のエドワード・ヒリアーによって設立された、小規模ではあるものの機能的な「心霊問題部署」の下で長年に渡り異常現象への関心を保っていました。年が経つに連れて銀行の取締役たちはそれを厄介な歴史的遺物であると考えていましたが、1998年のロシアルーブルの破産をタセオグラフィー (*8)により予測したことで予期せぬ収益をもたらしたため、心霊問題部署へ再び注目が集まりました。

マーシャル・カーター&ダークの仲介を通してSTC研究チームの生き残った13人のメンバーが心霊問題部署に連絡を取り、1999年6月に雇用を確保しました。2001年初頭、新たに活性化した部署はさらに部門へと拡大し、「エクストラグローバル・オペレーション」と名前を変え、受動的な異常性の研究から能動的探索へと焦点をシフトさせました。またこの頃に初めて、元々はSTCにおいて開発された魔術的技術を利用して、SCP-2791の様なシステムの実験的プロトタイプが作製されました。

財団は2010年2月、SCP-738-1が自発的に活動を開始し、毎秒20ページの割合で文書を作成し始めたときにSCP-2791を認識しました。完了時に文書は消失したため、研究は困難なものとなりました。SCP-738は当初、「クライアントの秘密情報」であるとしてその活動の原因を明らかにすることを拒否しました。この情報のための取引が承認された後 (*9)、SCP-738は3か月前にEOスタッフから遠隔で連絡を受け、それ以後[編集済]のための複雑な複数当事者間契約の条件交渉 (*10)のために定期的に彼らとコミュニケーションしていたことを明らかにしました。

諮問収容所におけるEOスタッフの自発的な収容が2010年10月に達成されました。

事件記録:SCP-2791の事件記録は以下の通りです。

SCP-2791事件記録の表示


  • 最終更新:2017-01-19 02:11:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード