SCP-2771

SCP-2771 - Border Duty (出入国管理義務)
© Petrograd 2015
SCP-2771_DisneyPoint.jpg
366-Tutellaの適切なジェスチャー。

Item #: SCP-2771

Object Class: Euclid

取扱方: 手順366-Tutellaの訓練を受けた武装職員を最低でも15名、SCP-2771-1の服に類似した衣服を着せてエリア-2771に常に配備します。SCP-2771-1が他の財団施設に出現した場合、保安要員はSCP-2771-1が消失するまで、地図上で執拗にエリア-2771の位置を示し続けてください。

概要: SCP-2771は秘密財団施設に影響を与える、SCP-2771-1の一群が武装保安要員を誘拐しようとする現象です。SCP-2771-1に対する抵抗、無力化、捕獲の試みは、単にSCP-2771-1が数を増やして別の施設に出現するだけの結果に終わります。

個々人としてのSCP-2771-1は異常性のないヒト型生物であり、黒いタクティカルギアと緑のユニフォームに似た仕立ての悪い服を着用しています。SCP-2771-1は、人差指と中指で執拗に指し示し続けるか、不快感、不満、不信感を示す非言語的な仕草によってのみコミュニケーションを取ることが可能です。

SCP-2771-1はチョーク、塗料、粗布を用いて、誘拐された対象の服を自身のものに似た服へと変更します。次いで、対象は未知の手段でSCP-2771-2へと輸送されます。ここは砂漠地帯であり、1つの検問所と、凹凸のある人間の舌に外見的に似た輸送システムが存在します。対象は元の施設に戻るまでに8-12時間、通過する旅行者に検問所に座って対処することが必要です。

適切な手順による旅行者との相互作用に失敗した場合、対象は極度に興奮したSCP-2771-1によって追い出されて帰還することとなり、直ちに次の誘拐が試みられます。適切な手順に関する直接のコミュニケーションは未だ行われていませんが、試行錯誤によって手順366-Tutellaが確立され、追い出される頻度はかなり減少しています。

手順366-Tutella

SCP-2771-2内の職員は、退出させられるまで検問所の中に留まってください。ヒト型生物の旅行者が、筋肉の膨らみに着席して1人または複数名で接近してきます。適切な反応が以下に詳述されています。指差しを行う場合、常に人差指と中指を伸ばし、親指は曲げた薬指の上に置いてください。追い出された後には、あらゆる文書化されていない行動について報告を行ってください。

行動 応答 結果
旅行者がラミネート加工された写真付きIDカードを提示する。 IDカードを任意の量だけ食し、残りをホイルで包んで返却する。 運行は再開する。IDカードは「パリパリ」しており「苦い」と形容されている。
旅行者が任意の金額の通貨 (*1)を提示する。 通貨を前腕の下に滑り込ませ、進行方向を指差す。 運行は再開する。可能ならば、SCP-2771-1は誘拐された対象と通貨を均等に分け合う。
旅行者が、僅かにでも肖像が描かれている何らかの他の物体を提示する。 肖像をおよそ15秒間見つめて返却し、進行方向を指差す。 運行は再開する。
旅行者が下瞼から自身の顔の皮を剥ぎ始める。 焦燥した態度を非言語的に示し、進行方向を指差す。 運行は再開する。
旅行者が食器またはガラス器を高く掲げて接近する。 指を舐め、食器類の縁を繰り返し擦る。旅行者が反応しなかった場合は不満感を示し、進行方向を指差す。 運行は再開する。
旅行者が微笑む。 旅行者と拳銃で交戦する。 輸送システムが螺旋状に膨張し、負傷または終了した全ての旅行者を呑み込む。運行は再開する。

  • 最終更新:2016-06-26 17:54:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード