SCP-2747

SCP-2747 - As below, so above (下の如く、上も然り)
©minmin 2016
SCP-2747_coverart.jpg
レディオヘッドのI/OはSCP-2747の1実体であり、写真はそのジャケット。

Item #: SCP-2747

Object Class: Euclid Keter

取扱方: 財団のウォッチドッグアルゴリズムによって、オンラインまたは紙媒体におけるSCP-2747陽性語句への言及を監視してください。全ての一致事例はタグ付けして分析部門へと転送し、SCP-2747の発生を確認してください。陽性が確認された場合、影響を受けた全ての媒体は財団の標準メディア改変プロトコル(912-A“誰そ彼刻”、943-A“悪評に塗れた口”)により適切に修正してください。

観測手順“輝ける聖杯”を表示


概要: SCP-2747は、フィクション作品を専門に議論する印刷物やオンライン媒体が、存在しない作品に言及し始める現象です。作品が存在しないにもかかわらず、記事、投稿、コメントなどのそれに関連するメタ情報は存在しないフィクション作品を実際に存在するかのように扱っています。存在しない作品は様々な地位の様々な個人によって言及される可能性があり、その形態は掲示板への簡単な書き込みから学術的エッセイの主題にまで及びます。

SCP-2747被影響媒体では、作品の解説、スクリーンショット、物理的頒布物の写真、文章の一部などが散見されます。これらの記述は互いに完全に一致しており、SCP-2747が生成したメタ情報の記述を通してフィクション作品全体を再構築することも可能であることが証明されました。SCP-2747が生成したフィクション作品の一覧は以下に添付されています(付録Aを参照してください)。

メタ情報の作成者は特定可能な場合もあります。しかし脅迫による尋問を行った場合でも、対象は常にその情報の作成を否認し、内部で言及されるあらゆるフィクション作品の存在を否定します。

SCP-2747がリアルタイムで記述されたことはなく、これまでに観察された全ての実体は事後に記録されたものです。2008年1月より以前に記述された実体は存在しません。この理由は 不明です。 空想科学的観測によって確認され、付録Bに詳述されています。

現在のSCP-2747研究チーム内では、SCP-2747は自然発生的なanafabulaまたは反-物語の痕跡を示しているという仮説が立てられています。これは独立した印、図像、物語素 (*1)の集合であり、フィクション作品内に十分量が含まれた際にそれ自体との対消滅を引き起こします。一次資料によるanafabulaの再構成はその異常性質のために不可能ですが、二次資料や三次資料による記述が観測手順“輝ける聖杯”によって生成されており、以下に添付されています(付録Bを参照してください)。これはメタフィクション的物語の層を透過して作用します。つまり、anafabulaを含むメタ物語の物語内部からの消失に続いて、物語自体も我々の現実から消失します (*2)anafabula識別の鍵となるのは、全てのSCP-2747発生事例でこれが常にその世界内において敵対者または受け入れ難い存在を代表していることです。これはSCP-2747が内包する物語要素が示す、異質であっても中心的なものとなる性質のためだと思われます。
更新: 上記の仮説はSCP-2747の動作モデルとして確証されました。付録Bを参照してください。
更新: 観測手順“輝ける聖杯”(付録Bを参照してください)の成功から得られた結論として、次の手順を実施してください。
  • 意図的なものか自然発生的かに関わらず、いかなる場合にも付録Bに概説されるanafabulaの特性を現実世界で発生させてはなりません。類似度閾値アルファを超える危険水準を有している全てのオブジェクト、人物、事象はあらゆる手段を講じて改変してください。
  • SCP-2747に関する情報、特に付録Bに含まれるものへのアクセスは、クリアランスレベル4-2747と3-ANALYTICSに厳格に制限してください。
  • 付録Bに概説されるSCP-2747の空想科学的影響とその特有の封じ込め不能性により、SCP-2747は直ちにKeterに分類されるべきです。

付録A: SCP-2747発生事例の一部

付録資料を表示


付録B: “輝ける聖杯”による観測と結論

付録資料を表示


  • 最終更新:2016-10-04 23:48:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード