SCP-2734

SCP-2734 - Exodus of the Clowns (道化たちの脱出)
© rockyred9 2017
2734Forest.jpg
かつて複数のSCP-2734個体が生息していた地域。この近辺には、財団職員が現場に到着する2時間前まで、50体以上のSCP-2734個体が存在していた。

Item #: SCP-2734

Object Class: Neutralized Euclid

取扱方: SCP-2734個体をかつて収容していた全ての収容室は構造的弱点を検査されるべきです。SCP-2734の収容に関する知識を持っている、または関与経験のある全職員は、補遺2734-3において詳述されている事象についての調査を実施します。調査結果の完全な報告はO5-9に提供されます。

SCP-2734の以前の生息地には、月に1回、簡易的な衛星スキャンを行います。SCP-2734の再発生を示すどのような証拠もO5-9まで報告しなければいけません。

旧版の収容プロトコルを見る


概要: SCP-2734は、表面的にはアメリカ文化におけるピエロの概念に似たヒト型生物の一種です。2016年1月以降、SCP-2734の人口は世界各地に飛び火しており、世界的な偽情報活動が必要となっています。SCP-2734目撃情報の大半はアメリカ本土とカナダで発生しています。しかしながら、SCP-2734人口は西ヨーロッパ、オーストラリア、中央アメリカ、[データ削除済]でも発見されています。

SCP-2734の人口は一般的に、可能な限り人間の居住域から遠く離れた場所で生活しています。SCP-2734人口は衣服以外の個人資産を殆どまたは全く持たない一方で、幅広い自然環境の中で快適に暮らすことが可能です。都市伝説の流布にも拘らず、SCP-2734は目撃されること・写真を取られること・動画に収められることを避けていると断定されました。メディアを介して流通しSCP-2734であると主張している画像の大部分は、実際には独立したデマ、または財団の偽情報活動の一部です。

西洋風の道化師への類似に加え、SCP-2734個体はヒト(Homo sapiens)との間に、以下に挙げるような違いを持っています。

  • 1日あたり約200カロリーの栄養で生きていける能力。
  • ほぼ全ての有機物から栄養を摂取する能力。SCP-2734個体は草、葉、花、根、樹皮、樹液、キノコ、シダ、昆虫、人間のゴミから漁った食品廃棄物などで快適に生命を維持できる様子を示します。SCP-2734個体は一様に動物の肉を消費することを避けていますが、これは肉体的制限というよりもむしろ、文化的な特性だと考えられています。食料が乏しい場合、SCP-2734個体は鳥やネズミなどの小動物を食べる事が知られています ― しかし、この行為は個体群に少なからぬ罪悪感をもたらしているように見受けられます。
  • 平らな、より逞しい歯 ― 草食性の食事を支援するためのものと思われます。
  • ほぼ全ての気候において快適に存在する能力。SCP-2734は気候に関連する病気(低体温症や熱中症など)の影響を受けた徴候を一度も見せていません。SCP-2734人口は気温が45℃以上、-18℃以下の地域でも、何の影響も受けることなく発見されています。
  • より速い走行速度。SCP-2734の完全に成熟した個体は、平均しておよそ時速22kmで走ることができます。この能力は主に逃走に使われます。

SCP-2734の共同体への接触は極めて困難です。SCP-2734は自分たちの存在を秘匿していると断定されました ― 最初の接触の試みは大きな不信感とあからさまな恐怖心に直面しました。往々にしてSCP-2734共同体は、財団による意思疎通の試みが行われた後、それまでの居住域を離れて数百キロメートル移動します。最終的に、財団はある共同体を説得し、相互理解のために2体の住民(SCP-2734-AおよびSCP-2734-B)を自発的に引き渡すよう説得することができました。財団は、SCP-2734-1と-2を彼らが快適だと感じている間だけ管理下に置くこと、彼らから要請があればすぐに共同体の下へ帰還させることを了承しました。

補遺2734-1


補遺2734-2


補遺2734-3


  • 最終更新:2017-04-09 15:36:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード