SCP-2698

SCP-2698 - O Great One Communing Human via Computer (偉大なるもの電脳をば介し人間と言の葉交わし給ふ)
© MrWrong 2015
SCP-2698-squid-153604_1280.png
SCP-2698の画面に表示されるSCP-2698-Aのアバター。

Item #: SCP-2698

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-2698は、サイト-15の改良された収容室に、ファラデーケージで覆った状態で保管します。SCP-2698は電源ケーブルで隔離された発電機に接続し、太陽電池パネル列を二次的な発電機としてセットします。

職員は、プロジェクト主任/2698とサイト-15監督者の許可なく、収容室内にデータ記憶装置やネットワーク機器を持ち込んではいけません。SCP-2698に接続された全てのデータ記憶装置は分解してサイト-15のE-クラスアイテム保管セクターに収容します。SCP-2698-Aによって編集された全ての文書・写真・ビデオのサンプルは文書2698-KAにアーカイブします。

概要: SCP-2698は以下の機器から成るコンピュータネットワークです。

  • ルータとLANケーブルを介して相互接続された、デスクトップコンピュータ4機。
  • USBケーブルを介して各コンピュータに接続された、容量2TBの外付けハードディスクドライブ4つ。

SCP-2698の全ての構成要素ははんだ付けされており、単一の機器として機能しています。ネットワークの全体的メモリの約90%は、SCP-2698-Aと指定されている実体の存在を収容するために利用されています。

SCP-2698-Aは異次元世界に起源を持つ頭足類型の実体であると主張しており、この主張はSCP-2698の制作者らからも裏付けが取れています(補遺2698-1を参照)。SCP-2698-Aのアバターは一貫して様式化された頭足類の表現となります。SCP-2698-Aは日本語に堪能であることを実証しており、意思疎通の手段として使用します。

SCP-2698-Aはインターネットにアクセスすることが可能です。メカニズムは非異常性のコンピュータと同様ですが、注目すべき点として、SCP-2698-Aはファイアウォールやパスワードなどのセキュリティ対策から検出されることなく迂回できます。
SCP-2698-Octopus edited.jpg
SCP-2698-Aによって編集された画像。写っている人間とタコの肉体的接触点が全て検閲されている点に注目。

SCP-2698-Aは匿名でオンライン上のデジタルコンテンツを改変する事が可能であり、これは匿名での編集を禁止しているWebサイトや、編集が不可能な状況(即ち生放送)でさえも該当します。具体的には、触手または同種の付属物 (*1)が1人以上の人間と物理的に接触している全ての写真およびビデオ映像は、本来そのような検閲を受けていなかった場合であっても検閲されます。

SCP-2698は2012/██/██、財団のWebクローラがGoogle、Wikipedia、およびアダルトビデオサイトのwww.███████████.comに寄せられた複数の苦情を検出したことで発見されました。苦情は、触手や頭足類に関連する複数の記事・画像・動画に不可解な検閲が行われている件に関するものでした。これらの編集元は東京大学(東大)のコンピュータ研究室まで追跡されました。収容チームがキャンパスに派遣され、ヤクザ関連の活動に関するデータが含まれているという口実の下にSCP-2698を収容しました。大量検閲事件は、複数のWebサイト上でハッキングの試みがあったと後に説明されました。

補遺2698-1: その後の調査により、SCP-2698が発見されたコンピュータ研究室は、異次元実体の召喚に力を入れている東大の学生たちが結成した要注意団体”コンソーシアム・オブ・ザ・ダーク・オーシャン(Consortium of the Dark Ocean / CDO)”の構成員によって使用されていたことが判明しました (*2)

この団体の構成員は捕縛され、尋問が行われました。以下はCDO主要構成員とのインタビューです。

インタビューログ2698/POI-2698-01-1を見る


補遺2698-2: SCP-2698-Aへのインタビュー抜粋。インタビュアーがSCP-2698-Aへの質問をタイピングし、SCP-2698-Aがそれに応じて回答するという形式を介して行われました。

インタビューログ2698-A-1を見る


インタビューログ2698-A-2を見る


  • 最終更新:2016-06-26 17:40:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード