SCP-2688

SCP-2688 - Enammu (エナンム)
© Cyclopian 2016
Enammu true s.png
SCP-2688中央にあるジッグラト、ORIAによる発掘後

Item #: SCP-2688

Object Class: Euclid

取扱方: SCP-2688-Aの住民はSCP-2688の異常な特徴に気づいており、住み続けることと引き換えに歴史と土地の異常性について情報提供することに合意しています。エリア58の現在のサイト管理者に認可された情報交換協定として行われる場合を除き、財団、イスラム・アーティファクト開発事務局(ORIA)あるいは他の要注意団体に関する情報はSCP-2688-A実体に与えられてはいけません。

エリア58が、島の他の地域に設置された追加施設とともに、クウェート軍の基地に偽装してSCP-2688近くのブビヤン島に設置されました。


概要: SCP-2688はクウェートのブビヤン島にある人口135人の小さな農村です。SCP-2688の現在の住人(以下、総称してSCP-2688-Aとする)は文化、言語の面で他のクェート人と異なっており、コイネーギリシア語、バビロニアのアッカド語、帝国アラム語、アラビア語メソポタミア方言からの借用語を含むクリオール語を話します。SCP-2688-Aはナンム神を中心とした鉄器時代アッカドの信仰体系に緩く似た宗教を信仰しています。SCP-2688-AはORIAが地域のコントロールを樹立する前から他の集団を日常的に目にしてきたにも関わらず、自発的に外の世界から孤立しています。

SCP-2388に影響している異常が2つあります。:

  • SCP-2688に居住する子供たちは成長につれてランダム性の高い複数の身体の奇形を呈します。これの奇形は感覚器の増加または欠損、良性の腫瘍やテラトーマ、内臓の奇形や欠損などがありますがこれらに限りません。この異常性がSCP-2688-Aにのみ現れるのか、村に居住した外来の子供にも発現するのかは、これを試験することは倫理的でないと考えられるため不明です。
  • 寺院の集合体から約2キロメートル以内に持ち込まれた、生体内に存在する以外のあらゆる液体の水は、自動的に羊水、脳脊髄液、胃酸、塩化ナトリウムの混合水溶液に変化します。この液の濃度は変化します。SCP-2688-A実体群は通常この液体と触れることにより生じる有害な影響を受けず、水の代わりにこれらを使用しています。この液体はSCP-2688-Aにとって宗教的な意味を持ち、献酒や浄化の儀式によく用いられます。

cylinder seal.png
SCP-2688-Aの祖先により作られた円筒印章。およそ紀元前200年
SCP-2688の中心には、およそ紀元前4100年のものと思われる大きな遺跡と化したジッグラトがあります (*1)。これ自体に異常性はありませんが、この地域の同様の手法で建築された他の建造物より千年以上古いという点で時代から逸脱しています。およそ紀元前4000年のものと思われる不明な言語で書かれた楔形文字の粘土板や (*2)、SCP-2688-Aと同様の奇形を呈する紀元前200年から紀元900年の7点のミイラ化した人間の遺体といった、時代から逸脱した、あるいは以前は異常性を持っていたと思われるアーティファクトがジッグラトから回収されています。

寺院の集合体と同時期に建設された張り巡らされたトンネルによる地下系が、SCP-2688の下部500メートル以上にわたって広がっています。これらのトンネルの地図は完全には作成されていません。このトンネル群に入る唯一の入り口が村の中心のジッグラトにあります。地中貫通レーダーによる測定では、これらトンネルの基部には、最低でも90km2の大きさの、異常に安定した巨大な地下水体があることが示されています。

この地より明らかにされた文章により、SCP-2688はおよそ紀元前4100年から紀元前1200年まで継続的に居住されてきましたが、その時点で不明な集団により北からの侵略を受け放棄されたと信じられています。およそ紀元前300年にこの地はヘレネス人とバビロニア人の集団により再度居住されました。SCP-2688-Aはこれらの移住者の子孫です。

回収された文書 (*3):

アッカド語の粘土板(創世神話の抜粋)

アッカド語の粘土板(占奇形術集)

ギリシア語の巻物(礼拝文)

シュメール語の粘土板(手紙)


発見と収容:

1955年、イスラム・アーティファクト開発事務局(ORIA)はSCP-2688の存在に気づき、内部に拠点を築こうとしましたが、SCP-2688-Aによる暴力的な抵抗を受けました。この紛争は30時間続き、その後ORIAは強制的に地域のコントロールを得ました。

1991年に財団の工作員はSCP-2688への強襲をおこない、ORIAから奪取しました。レベル4以上のセキュリティークリアランスを持つ職員は作戦の詳細について文書2688-アレフへのアクセスが可能です。

インタビューログ2688-A5:

レベル4/2688とシトラ=アキュラ職員への制限文書へアクセスする


探索:

レベル4/2688とシトラ=アキュラ職員への制限文書へアクセスする


  • 最終更新:2017-02-26 03:37:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード