SCP-2626

SCP-2626effWfd4.png
SCP-2626
SCP-2626 - Large Format Camera (大判カメラ)
© TheMadStork 2014

Item #:SCP-2626

Object Class: Safe

取扱方:使用していない際、SCP-2626はサイト19にある施錠したクッション張り保管コンテナの内部に保ちます。スタッフはレベル3監督者に提案書を提出することによって研究のためのSCP-2626使用許可を要求することができ、当該監督者は全ての使用を実際に立ち会って監督しなければなりません。

SCP-2626が生成した未知の効果を持つネガや写真プリントは、潜在的なイプシロン-クラス認識災害として扱われるべきであり、制御下にある環境でDクラス職員による徹底的な実験が行われるまでは、いかなる状況でも視認してはいけません。SCP-2626が 生成した効果判明済のネガや写真プリントは、適切なクリアランスを持つ職員であれば研究目的の利用が可能です。

SCP-2626に関連する全ての既知のネガと写真プリントは、数値IDの接頭辞で整理された19-2626文書保管アーカイブに格納されます。アルファまたはベータ-クラス認識災害を示す素材は、明確に表記された不透明な封筒に密封され、レベル2クリアランスの職員によって制御された環境で持ちだす事が出来ます。ガンマまたはデルタ-クラス認識災害を示す素材は、明確に表記された鋼鉄製の引出し内部に施錠し、レベル3クリアランスの職員によって制御された環境で持ちだす事が出来ます。イプシロン-クラス認識災害を示す素材は、二重の鋼鉄製コンテナ内部に施錠し、監督者のいない状況、ならびにレベル4管理者2名からの書面による事前承認がない場合は、どのような状況であっても職員による持ち出しは許可されません。

概要:SCP-2626は、改造された、1966年頃のグラフレックス社ペースメーカー・スピードグラフィック大判カメラです。アイテムの異常効果は、カメラのべローズ (*1)内部に取り付けられた、”████████社・催眠パターンジェネレータ”と表記されている装置によって引き起こされます。研究スタッフは、光がこの装置に入ると、装置は微妙に個々の光子の波長と強度を変化させ、動的に生成された回折配列によって最終的な画像に異常認知トリガーを埋め込むと結論付けました。“████████社”は記録されている全ての事業体や子会社の名前と一致しない為、装置の起源は現在のところ不明です。装置が正しく機能するには、完全に充電済みの単三電池6本が必要です。

SCP-2626は商業写真家の█████ █████████が2004年に死亡した後、カリフォルニア州サンフランシスコのオークションで彼女の所有下から落札されました。購入者は撮影した写真を見て制御不能の嘔吐をもよおし、地元警察にカメラを引き渡しました。彼によると、カメラは█████████の知人と思しき人物のメモが付随した元々の箱に入って届けられたものでした。メモの内容は以下になります:”貴方の75歳の誕生日に特別なカメラを。最も美しき被写体のみを撮りましょう。クールな結果に感謝すること請け合いです。常に全力を尽くして、T.M.”。

SCP-2626が生成したネガまたは写真プリントを見る事によって、写真で示されている被写体に関連する知覚された象徴性・機能・あるいはその他の特性に依存する異常効果が発生します。また、特定の画像の効果は、閲覧者の間で異なる場合があります。既知の写真とその効果の完全なリストについては文書2626-L-01を参照してください。Dクラス被験者による実験の抜粋例が、以下の補遺に記載されています。

補遺A:SCP-2626が生成した写真の抜粋例

各試験で、1名以上のDクラス被験者が、SCP-2626で撮影した写真を10秒間見るように指示された。全ての場合において、効果は写真が視界から隠された直後に発現した。

アルファ-クラス認識災害


ベータ-クラス認識災害


ガンマ-クラス認識災害


デルタ-クラス認識災害


イプシロン-クラス認識災害


補遺B:インシデント2626-03

レベル3クリアランスが要求されます


  • 最終更新:2016-06-26 17:35:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード