SCP-2528

SCP-2528 - Panda Processors (パンダ・プロセッサ)
© thamuzz 2015

Item #: SCP-2528

Object Class: Safe Euclid

取扱方: SCP-2528-AとSCP-2528-Bは広範囲に存在し一般にも広く知られているため、現在のところ物理的な封じ込めは現実的なものではありません。代わりに、封じ込め努力はその異常特性を隠蔽する方向に向けられるべきです。現在、これは主にタケ亜科ホウライチク亜連 (Bambusoideae Bambusinae) とジャイアントパンダ (Ailuropoda melanoleuca) の量子的特性に関する研究を妨害することで行われています。

SCP-2528-Bの個体数を、持続可能でありつつもSCP-2528-Cが封じ込め違反を起こす可能性が非常に低いレベルにあることを確実にするための努力を行ってください。現在のSCP-2528-B個体数推移を考慮し、財団は公共圏におけるその保護活動を支援します。SCP-2528-Bの個体数が現在7000個体に設定されている許容限度を超えた場合、封じ込め努力はSCP-2528-Bの密猟防止活動を妨害し、SCP-2528-Bの毛皮に対する市場の需要を確保するものへと改定されます。

概要: SCP-2528は、タケ亜科に属する植物が様々な現実改変作用、特に過去改変性再構築イベントの作用に高度な耐性を有しているという資質です。この作用がどのように発揮されているのかに関する研究は優先度の高いものと見なされます。SCP-2528は東アジアと東南アジアの大部分に広がる有機的コンピュータネットワークです。

SCP-2528は主に2種の生物から構成されています。SCP-2528-Aはデータストレージとネットワークインフラ、SCP-2528-Bはデータ処理と環境操作を担当します。

SCP-2528-Aは、タケ亜科のホウライチク亜連に属する生きた植物体から構成されています。データはSCP-2528-A内の、量子的にもつれた粒子対による分散データストレージシステムを模倣した複雑ネットワークに貯蔵されます (*1)

SCP-2528-Bはジャイアントパンダ種とそれに付随する腸内細菌叢から構成されます。SCP-2528-BがSCP-2528-Aに属する物質を消化すると、異常な化学反応がもつれた粒子対の量子状態を変化させることで (*2)クラスタ全体にデータが伝播します。

ジャイアントパンダの個体数減少に伴い、SCP-2528の計算能力は低下する結果となっています。

SCP-2528-CはSCP-2528内部に生息する、データの形態を取った知性体群です。SCP-2528-Cは主に-B実体を操作することによって財団とコミュニケーションを行います。SCP-2528-Cと財団間の主要な接点は、SCP-2528-C-1と指定された実体です。SCP-2528-C-1は、SCP-2528-C総体としての最大の懸念が自身の存続であることを示唆しています。

SCP-2528-CはSCP-2528-B実体の行動に対する制御能力を示し、その制御下にあるSCP-2528-B実体は様々な異常行動を行う能力を有します。これには人間の発声の模倣、ジャイアントパンダには物理的に不可能であろう動き、[編集済](自然界における類似した能力の事例は、「運動の力学:シャコ類」「テッポウエビの鋏からの渦の形成」を参照してください。)が含まれることが観察されています。

SCP-2528の構成要素は現実改変作用、特に過去改変特性を持つものに対する高度な耐性を有します。現在、この作用はSCP-2528-Cの認知機能とそれを支える量子もつれネットワークの分散性に起因する副産物であると考えられています。

SCP-2528は20██年、局地的再構築イベントCH-███の余波の中で発見されました。財団の調査員は、再構築地域内のモウソウチク (Phyllostachys edulis) が再構築以後の現実よりも再構築以前の現実に適合した特性を示していることに気付きました。とりわけ、他の地域植物相には改変された時間軸で発生した複数回の爆発による被害と焦げ跡が残っていたにもかかわらず、この植物にはその痕跡が見られませんでした。この資質が検証されタケ亜科ホウライチク亜連に属する全植物に跨っていると確認された時点で、どのようにこの特性が発揮されているのかに関する研究が優先度の高いものとなりました。

SCP-2528-Bの計算装置としての役割は、後に事件2528-3によって発見されました。

事件2528-2、20██年7月██日
あるジャイアントパンダ雄成体の開腹調査中 (*3)、現在SCP-2528-B-3と分類されている対象は息を吹き返し執刀外科医のガオ・ペン (Gāo Peng) 博士に話しかけました。

結果として手術は中止され、SCP-2528-B-3は潜在的SCPオブジェクトとして監視下に置かれました。

注: 事件2528-3により、SCP-2528-C-1がSCP-2528-B-3経由でコミュニケーションを取っていたことが確定しました。転写記録はこれに沿って更新されました。

転写記録2528-2


事件2528-3、20██年9月██日
組織サンプルの収集中 (*4)、SCP-2528-B-1は発声を開始し監督研究員のガオ博士を指名しました。
結果として、SCP-2528におけるSCP-2528-Bの役割が判明しSCP-2528-Cの存在が発見されました。

転写記録2528-3


事件2528-4、20██年10月██日
保管中のSCP-2528-B-4が活性化状態に移行し、SCP-2528-Aの棒を用いて封じ込め違反検出センサーを起動し一部の施設を封鎖状態に移行させました。区画の封鎖が完了すると、SCP-2528-B-4は顔を隣接する研究区画に向け発声を開始しました。発声が完了すると実体は異常行動を停止しました。

転写記録2528-4


  • 最終更新:2016-08-07 21:52:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード