SCP-2488

SCP-2488 - Safety Harbor Milk Delivery Service (セーフティハーバー牛乳配達サービス)

Item #: SCP-2488

Object Class: Neutralized Safe

取扱方: 回収されたSCP-2488-1実例は全てサイト-23の冷蔵収容ユニット23-4に格納します。SCP-2488実例を所持している人物、またはSCP-2488の知識を有している人物にはケースバイケースで記憶処理を施します。

概要: SCP-2488は、1933年4月21日から1939年 (*1)まで発生していた一連の異常な現象を指します。この時期、セーフティハーバー牛乳瓶配達サービスなる存在が、フロリダ州セーフティハーバーで活動を行っていました。この存在の活動パラメータは、空の牛乳瓶を回収し、“セーフティハーバー牛乳”ブランドのラベルが貼られた牛乳瓶(以下SCP-2488-1)を満たされた状態で配達することにありました。

配達の時刻に配達人や車両が目撃されたことは無く、SCP-2488-1は人間の観察者が事象を監視できなかった場所に出現しました。1933年4月21日、完全に満たされた牛乳瓶がセーフティハーバー市内にある全ての居住済み住宅の戸口に出現しました。セーフティハーバーには、1930年代の経済的苦境のため、これ以前には牛乳配達のサービスがありませんでした。セーフティハーバーの住民たちはSCP-2488事象の最初の発生に対して不安を示したことが記録されています。しかし、時と共に、SCP-2488はセーフティハーバーの一部となりました。

SCP-2488事象は毎晩00:03に発生しました (*2)。この時間になると、セーフティハーバー・ミルクのラベルが張られた空の牛乳瓶は、配送された住宅の“戸口”“中庭”“玄関”と定義できる位置に置かれていれば全て消失しました。00:05、回収された瓶の代わりにSCP-2488-1実例が出現しました。

SCP-2488-1は、それを摂取した人物の肉体的能力を増強することが知られていました (*3)。これがセーフティハーバーに顕著な影響を及ぼすことはありませんでしたが、生産性の向上により、セーフティハーバーの経済的・社会的な地位をわずかに改善させる役目を担いました。

もし、生きているセーフティハーバーの市民がSCP-2488-1を摂取した場合、その人物はSCP-2488の影響を受ける対象となりました。死後、セーフティハーバーの市民は、体力およびスタミナの顕著な増大と、進行性ではあるが通常軽微なものに留まる認知力の退行を伴って、蘇生しました。蘇生者は主に肉体労働を引き受け、これによって生きている市民がより多様な職業の発展に従事できるようになりました。SCP-2488-1を摂取した人物は、その効果を苦痛なものとは報告しませんでした。SCP-2488に影響された人物の証言によると、最初に死体が復活した際はSCP-2488に対する幾つかの懸念が挙がったものの、殆どの人物は蘇生イベントを“恩恵”であると見做していました。

蘇生者の付加寿命は3~5週間であり、死後の肉体が完全に無傷だった場合のみ蘇生しました。第二の寿命の終わりに近づいた蘇生者は自らの墓を掘り、埋葬に似た形式的な儀式を行うことが知られていました。しかしながら、このイベントは通常の埋葬より陽気で明るいものだったと記録されています。蘇生者に対して初期の文書記録は驚きを表明しているものの、やがてセーフティハーバーの市民にとって当たり前の出来事となっていきました。

補遺2488-アルファ:オリジナル収容プロトコル


補遺2488-ベータ:回収された各種文書


テイラー研究員の覚え書き: “これらの文書はSCP-2488についての研究を開始した際に発見されたものです。セーフティハーバーの中心部近くで‘文化遺産復元中’のロープが張られている放棄されたオフィスが発見され、最初の調査対象として選ばれました。誰一人としてこの場所のことを以前に聞いた覚えがなく、町の地図にも載っていませんでした。市長が言うには、文化遺産系の文書ばかりが収納されているスペースであり、それらの損傷や遺失を恐れて誰も手を付けようとしなかったそうです。記憶処理に先立ち、彼が何か知っているかを確認するために、SCP-2488事象について少し尋ねました。市長は、それは町に伝わる古い伝承だということ以外、私たちに何も伝えることができませんでした。”

補遺2488-ガンマ:調査資料


補遺2488-デルタ: 2001年9月29日、セーフティハーバーで新鮮なSCP-2488-1実例1本が発見されました。地元出版物が新たな文化遺産の発見を報じた後、実例は財団職員によって押収され、化学的実験が行われました。牛乳には何ら異常特性が見出されず、サイト-23の冷蔵収容ユニット23-4に保管されました。保存の試みにも拘らず、SCP-2488-1実例は回収から1週間後に腐敗・凝固しました。

SCP-2488の更なる調査が再開され、SCP-2488-1実例が隣接する都市でもランダムに現れ始めていることが判明しました。実験の結果、これらの実例は、セーフティハーバーの文書に記録された出来事と類似した特性を持っていることが示されました。サイト-23研究員の要望に応じて徹底的な研究が開始されました。

SCP-2488第2回大規模調査の概要


  • 最終更新:2016-06-26 16:42:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード