SCP-2481

SCP-2481 - Kill the Suns (大羿射日)
© SunnyClockwork 2016(発表年)

Item #: SCP-2481

Object Class: Euclid

取扱方: サイト143がSCP-2481の周囲に建設され、全ての関連する実験はサイトにて行われます。SCP-2481-3の協力を確実に得られるように、SCP-2481に入る人員は漢族でなくてはなりません。

SCP-2481-1は研究、実験時以外には解体して保管してください。

SCP-2481-2は現在の位置から動かしてはならず、全ての関連実験はSCP-2481内部で行わなくてはなりません。

SCP-2481-3は常に二人以上の職員に付き添われなくてはなりません。職員は、SCP-2481-3の精神状態の安定のため筆談でコミュニケートすることが推奨されます。(Xia、か)王朝(紀元前2100年~紀元前1600年)が倒れて以降の中国の歴史についての話題は避けてください。SCP-2481-1と-2についての詳細な情報を得ることが最も優先されます。

概要: SCP-2481は、中華人民共和国河南省████████の(Shang、しょう)王朝(紀元前1600年~紀元前1046年)の遺跡 (*1)の地下20メートルに存在する直径およそ50メートルの球状の空間です。SCP-2481内部の気温は周辺の環境にかかわらず摂氏35度に保たれています。

SCP-2481-1はSCP-2481内部にある、概ね立方体と、その面に4本の柱を取り付けたような形をしている大きな青銅の構造物です。およそ紀元前1800年に建造されたと推測されています。この構造物の部品の幾つかは激しく損傷し、表面は溶けており、著しい高温に晒されたことがあることを伺わせます。SCP-2481-1はSCP-2481の境界線で綺麗に切断されており、SCP-2481の外では断片は見つかっていません。

SCP-2481-1の特定の部位は現代の電子機器の破損した回路ボードに似ています。分析はSCP-2481-1の損傷により困難を伴ったものの、8進数による演算装置であると推測されています。

SCP-2481-2はベリリウムと青銅の合金でできた装置です。元来の状態では、SCP-2481-2は概ね片方が尖った円筒形をしていて、長さ33メートル、直径1メートルであったと推測されています。かつてはSCP-2481-1に取り付けられていたと考えられます。SCP-2481-1と違って、SCP-2481-2は熱による損傷を殆ど見せませんが、打撃を受けたらしく3つの大きな断片と38個の小さな破片に分離しています。以前のSCP-2481-2の主要な断片を移動させようという試みがSCP-2481の急速な不安定化をもたらしたため (*2)、その構成要素と内部構造の調査は限定的です。しかしながら、小さな破片の現地での調査と分析では、██████████████████に類似した内部構造と動作原理が同定されており、SCP-2481-2は██████████████████████████████として設計されたようです。SCP-2481内部の██████████████の分析では、SCP-2481-2は異常性の核であるようです。

SCP-2481-3は爬虫類の特徴を持ったヒューマノイド実体です。遺伝的には漢族の男性に似ており、出生後に変化したことを示唆します。SCP-2481-3はアマガサヘビ(Bungarus multicinctus)の外見に似た頭部、概ね人間の上部胴体と右腕(ただし鉤爪がついている)、爬虫類の手、脚の代わりに尾がついた蛇の下部胴体を持っており、全体が鱗で覆われています。

SCP-2481-3は現在SCP2481-2の下敷きになっており、激しい火傷を負っています。左腕、喉の一部、顔のごく一部、おそらくは臓器のかなりの部分といった、体の左側がありません。SCP-2481-3の負傷は著しい高温を発していますが、体の残りの部分や周辺環境には広がっていません。このような状態にも関わらず、SCP-2481-3は生存して意識を保っており、会話はできないものの財団と筆談によるコミュニケーションが可能です。

SCP-2481-3は後に商王朝で使用されたものと類縁ながら、遥かに発達した筆記法を用います。財団の言語学者は3ヶ月の研究とコミュニケーションの末翻訳できるようになりました。SCP-2481-3はSCP-2481-1と-2のオペレーターであると考えられています。対象は協力的ですが、重く悪化した精神状態のため装置の技術的詳細を聞き出す試みは失敗しています。SCP-2481-3は (*3)(Jie, けつ)王時代の夏王朝の学者/官吏であり、敵性実体の排除を命令されたが、失敗し、SCP-2481-1及び-2の現在の状態になったと主張しています。さらなる情報は補遺を参照してください。


補遺: 以下はSCP-2481-3が書いた文章から翻訳された情報のうち、最も関連性が高いものの部分的なログです。読みやすい順番に並べ替えてあります(SCP-2481-3の精神状態のため、殆どの情報は冗長で、繰り返しを含み、または一貫しない状態にあります)。参照のため日本語訳に元の現代中国語訳を併記してあります。


ファイルを開く


夏の異常な文明については、文書-2481を参照してください。

O5レベルクリアランスが必要です。

資格情報を入力: 日安不到? 烛龙何照?


  • 最終更新:2017-02-22 19:51:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード