SCP-2472

SCP-2472 - A Small Metal Air Coupler That Is Apparently Not Anomalous (異常性を持たないと思しき小さな金属製の空気用継手)
SCP-2472coupler.jpg
回収の際撮影されたSCP-2472

Item #: SCP-2472

Object Class: Safe (*1)

取扱方:SCP-2472はサイト内の異常性検出・保安機構に不具合を引き起こす傾向がある為、稼働中の収容サイトでは保管されません。SCP-2472は現在、ジョージア州セントサイモンズ島にある財団補助施設にて収容されています。

概要:SCP-2472は、空気ホースを機械的に結合するために製造された長さ35mmの金属製の配管継手です。SCP-2472は、改訂版財団異常性規格, 第二四版 (2009) (*2)に基づく広範な試験において、実験規定のある挙動、外観、認知、他のオブジェクトとの相互作用、あるいはその他の何れの要素においても異常な特性を示さなかったことを鑑みて、異常性を確定的に有さないと見なすことができます。

それにも関わらず、SCP-2472は超常オブジェクトを検出するための自動化試験において常に異常存在として検知されます。SCP-2472をスクラントン現実性測定警報機が備え付けられた財団サイト内へ持ち込んだ場合、一様に警報が発せられますが、現地における現実レベルは25,000回以上行った測定において有意な影響を示しません。

財団が積極的に活用しているBinahパターン認識システムを利用したSCP-2472の実験分析結果は、異常な挙動を示すことなく下記の結果を出力しました。

  • 異常確実性99.9%
  • 潜在的カテゴリーAleph Room("懸念性最大")(信頼度75.4%±5%)
  • 潜在的Keter(信頼度77.7%±5%)
  • 潜在的封じ込め不能(信頼度26.3%±5%)

加えて、SCP-2472の構造と物理特性は実験において検証可能です。

SCP-2472の非異常性挙動とその特性は、パートナーである大学や研究機関8団体および契約上パートナーである超常オブジェクト取扱組織3団体との二重盲検試験で検証しました。

SCP-2472の自動化検出プログラムでの超常性検出は、下記の契約上パートナーである超常オブジェクト取扱組織との二重盲検試験で発生しました:

  • アメリカ国家安全保障局と合同で開発された、連邦捜査局異常事件課のPatternSweepソフトウェアは、SCP-2472を陽性と分類しました。
  • Distant Thunderのコードネームを持つ世界オカルト連合のメインフレームは、SCP-2472をLTE-高潜在性と分類しました。
  • スイス政府によって開発中の、独立した異常検出システムはLeuthari I/Mederichの評価値を出し、これは高い潜在的異常性を示唆しています。

異常性識別システムがSCP-2472を正しく分類するのに失敗するメソッドは現在調査中です。

補遺:SCP-2472は、サイト48の洗浄に使用される高圧洗浄機用の空気ホース部が入っている箱が、自動化スクラントン現実性測定警報機の備え付けられたエリアから持ち出された際に発見されました。当該エリアからSCP-2472が入っている箱を持ち出したデクラン·ホール研究助手や他のサイト-48スタッフは尋問を受けましたが、財団内にSCP-2472が持ち込まれた事に関する正確な時系列は確立されていません。

████年1月11日に起きたデクラン·ホール研究助手の失踪とその際に残されていたSCP-2472に言及していると思われる覚書 (*3)を受けて、SCP-2472の将来的なオブジェクトクラス改正が現在議論されています。 (*4)

  • 最終更新:2016-09-06 22:01:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード