SCP-2468

SCP-2468 - Wounded Child (怪我をした子供)
© Doc_Sanford 2014

Item #: SCP-2468

Object Class: Keter

取扱方: SCP-2468はランダムな間隔で転移するため、この現象を完全に収容することは不可能となっています。SCP-2568が転移した場合、周囲のエリアを閉鎖して収容チームによる隔離を行い、周辺で民間人の活動がある場合はカバーストーリーを流布しなければなりません。閉鎖が完了した後は、SCP-2568が
閉鎖区域に残る時間を最大化するため、SCP-2568が発見されたその日から少なくともおよそ55キログラムの生の新鮮な肉をSCP-2468の効果エリアに週に1度運び込むこととします。SCP-2468が消失した場合、ただちに報告がなされなければなりません。

概要: SCP-2468は人間の子供に似た実体で、報告されたすべてのケースにおいて9歳から10歳の年齢の外見をしていました。この実体の外見は非周期的に変化しますが、常にさまざまな原因による傷を負っています。頸部圧迫、鈍器による頭部の外傷、またさまざまな重さのあざがその他の例よりも多く見られるようです。

SCP-2468は都市部の公園や町の広場のような、人が多く開けた場所に出現する傾向があります。また実体は以前に捕獲が成功した場所を再び訪れようとする傾向を示しています。

SCP-2468の行動はすべての事例において一貫しています―実体は胎児のような姿勢で床に横たわり、さまざまな言語で助けを求めてきます。記録された言語には、英語、スペイン語、ロシア語、スワヒリ語、ヘブライ語、ドイツ語があり、現在いる場所に応じた言語を使うようです。SCP-2468から35センチメートル以内の距離に入ると、有機的なオブジェクトは未知の力によっておよそ2メートルの高さに持ち上げられ、SCP-2468とともに完全に消失します。SCP-2468の実体はおよそ2分後に元のエリアに戻ってきます。SCP-2468が消失し戻ってくるまでの間は、当該エリアにはなんらの異常性も見られません。試験ではSCP-2468はGPS追跡装置や無線カメラなどのあらゆる電子装置を無効化することが確認されています。回収された電子機器は水による損傷を受けており、それは防水機能のある機器においても同様でした。

SCP-2468はこれまでに16名の個人の消失に関わってきました。そのうち4名が帰還しました。その4人すべてが、消失前と比べておよそ55キロ以上の体重を失っていることが判明しました。すべての被験者は緊張状態で発見され、2名は質問を受ける前に死亡しました。

SCP-2468は人間を捕獲しようとしているように見えますが、55キログラムの重量を持つ肉ならばどんなものでも受け入れるようです。エリアに置かれた生で新鮮な肉は異常な性質を持ち、冷凍されたものや調理されたもの、あるいは死肉よりも長く鮮度を保ちます。有機的なオブジェクトと接触していない無機的なオブジェクトはSCP-2468の影響を受けません。

SCP-2468はニューヨーク州の███████の街において19██年に起こった一連の失踪事件で初めて財団によって発見されました。財団がこの事件に注目したのは、██████ ████という名のホームレスの女性が一人の子供に近寄った後、複数の証人の目の前で消失したことが報告されたことからです。████は後日、町の公園で緊張状態で発見されました。財団は被害者を尋問した後に彼女とすべての目撃者にBクラス記憶処置を施し、収容と調査のためにSCP-2468の周辺を閉鎖しました。その発見以来、SCP-2468は35回の移動を行い、現在はオハイオ州の[編集済み]に位置しています。

補遺2468-1: D-2468-6へのインタビュー


補遺2468-2: D-2468-6のインタビューの後、安全主任のH█████の承認を得て、グエン博士はSCP-2468に供給される肉に友好と接触の意思を表したメッセージを刻印したステンレスの板を添えました。すべてのメッセージはSCP-2468によって拒絶されました。3度のメッセージを拒絶した後、実体は現在の位置に転移しました。グエン博士はこれ以降、さらなるメッセージの送信を禁止されました。

  • 最終更新:2016-06-26 16:39:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード