SCP-2366

SCP-2366 - Ils coopéraient ensemble (みんなのアンサンブル)
2366Birch.jpg
伐採前に撮影されたエリア2366における樹木の細部。
© psul 2016

Item #: SCP-2366

Object Class: Safe

取扱方:エリア2366は保安フェンスで囲み、定期的な除草剤散布の対象となります。機動部隊シータ-4(“庭師”)が収容のためのカバーストーリー(ニレ立枯病の変種に関するもの)を維持し、地元のメノー派コミュニティに異常な挙動が見られないかの監視を行います。

エリア2366に駐留しているエージェントは、SCP-2366の影響を受けている地元のコヨーテの群れの危険に警戒するように忠告されます。

SCP-2366の全てのサンプルは、テキサス州の砂漠にある自動化された倉庫、保管拠点73-Eに格納されます。如何なる新しいSCP-2366実例も取り除いた後、保管拠点73-Eに移送されます。現時点で収容下に無い実例の回収は優先して行われるべきと見做されています。

概要: SCP-2366は、異常な落葉広葉樹の一種と、その木材を指します。SCP-2366の樹木は外観および遺伝子組成の両方でシラカンバ(カバノキ属)に類似しています。影響領域内(SCP-2366アイテムの直径約25m)において、SCP-2366は協調性や共同行動を促進します。SCP-2366に曝露すると、同種族から成る生物群は相互目標を達成するために協力します。協力の度合いと、その行動の結果として齎される利益は、種の社会構造の複雑さに比例して増大します。

選択された実験記録


回収: SCP-2366は、キリスト教メノー派の信者たちによって納屋の棟上げが非常に協調的かつ急速に行われる様子を撮影したバイラルCMを財団が調査した後に発見されました (*1)。財団エージェントが秘密裏にペンシルベニア州███████████にあるオールド・オーダー・メノナイト (*2)のコミュニティを訪れ、地元の農場が不自然なまでに効率的に操業されている様子を観察しました。
2366Coyote.jpg
エリア2366のコヨーテ

エージェントは、このコミュニティが納屋だけでなく、様々な家庭用品さえも、ある特定の木材を使用して作っていることを知りました。これらの木材で構築されたアイテムは、コミュニティが行う定期的な取引の一部を形成していました。木材は地元にあるシラカンバの林(後にエリア2366と指定)に由来するものと特定され、エリア2366の植物学的分析はシラカンバの特異な一種が当地に生育していることを示唆するものでした。

SCP-2366の樹木を特定する最初の試みは、複雑かつ組織的な狩猟テクニックを示すコヨーテの群れに財団エージェントが度々攻撃されたことによって妨害されました。地元のメノー派コミュニティはこのような攻撃が起こりうる危険性を認識しており、コヨーテの攻撃を避ける/撃退するためのエリア2366における協調行動戦略に関する知識を覆面エージェントと共有しました。これらの戦略は有効であることが証明され、SCP-2366実例がエリア2366から取り除かれるとコヨーテの非定型的な振舞いは収まりました。

SCP-2366の生きている実例が伐採のためにタグ付けされた後、財団はメノー派コミュニティによってSCP-2366から作成された全てのアイテムを特定しようと試みました。これらのアイテムは、売却または物々交換によって観光客や訪問者に譲渡された既製品およびオーダーメイドの品々も(可能な限り)追跡後に回収され、所有者には必要に応じて記憶処理が施されました。初期の現地収容プロトコルがその後確立され、全てのSCP-2366木材サンプルはサイト-73へ収容および実験のために移送されました。

補遺1 - SCP-2366アイテム


補遺2 - 人類学的研究


補遺3 - 更新


  • 最終更新:2016-09-01 22:25:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード