SCP-2355

SCP-2355 - 'They Grow up so Fast' (「大きくなあれ」)
Crib.jpg
ベビーウェル製の「スリーピーナイト」ベビーベッド

Item #: SCP-2355

Object Class: Euclid

取扱方: 回収されたSCP-2355実体はサイト-██の収容エリア8に保管されます。子を望む、または昨年に子供が生まれた警備員は、SCP-2355に配属されません。

回収の前にSCP-2355-1に接触した家族と友人にはクラスB記憶処理が施されます。さらに年齢と容姿がほぼ同一である乳児に交換しなければなりません。

現在、既知のSCP-2355実体は全て財団の管理下にあります。さらなる発生を防ぐために、エージェントは警察や民間放送を引き続き監視します。不法侵入の報道、報告には注意を払い、暴力や逃走が報告されていない不明な人物に関する事件には特に注意が必要です。

真のSCP-2355実体がメディアに関心を持たないように「時間旅行の子供たち」に関する虚偽の報道が、信憑性がないことが知られているメディアチャンネルを通じて伝えられます。

概要: SCP-2355は、████年6月14日から████年6月16日の間に製造されたベビーウェル製の「スリーピーナイト」ベビーベッドです。生産記録によれば、この期間に1050個のベビーベッドが製造され、一般販売されていました。現在、エージェントはベビーウェルに雇われ、潜伏しています。

12カ月未満の乳児がSCP-2355で一晩眠ると、18歳の遺伝的に同一の個体(SCP-2355-1)に成長するか、またはそれらと置き換わります。この異常は、乳児が睡眠と覚醒の間に視覚的な観察を受けない場合にのみ生じます。音声監視媒体「ベビーモニター」は、異常を検出しません。このような理由から、変化の正確な性質を知ることは困難であり、変化が起きる時期は必ずしも正確ではありません。

SCP-2355-1実体への最初のインタビューでは実際に生まれたように人生、家族、友人、知人に関する記憶を持っていることが示されています(例えば、2016年██月██日に生まれた被験者は、10回目の誕生日を2008年██月██日に迎えたと思い出します)。被験者の家族にとってSCP-2355の出身、外観、性格、年齢に関する記憶は正確です。SCP-2355-1より先に生まれた幼児は、幼児期の友人として記憶されることがありますが、これは、出生と異常発現の間にSCP-2355-1と近接していた乳児でのみ見られています。記憶にある他の知人は、観察される限りでは、偶然の一致を除いて既知の個体には対応せず、移植された記憶が作ったものだと思われます。SCP-2355-1が持つ記憶の出来事は全て作られたように見え、偶然を除いて実際の出来事には対応しません。

SCP-2355-1へのさらなるインタビューでは、「ジャック叔父さん」と呼ばれる人物に関する共有の記憶が存在することがわかりました。この人物はSCP-2355-1の記憶に直接的に関与していませんが、█〜█歳の頃に起こった様々な出来事の背景となる人物として言及されています。この人物のマナーや一般的な外観に関する説明は一貫しており、どのような場合でも、インタビューを行なったSCP-2355-1の関係者と一致しませんでした。唯一、一貫しない説明は、「ジャック叔父さん」の年齢です。

インタビューの抜粋

付録:インシデントログBABYTAKER-1


  • 最終更新:2016-12-11 11:43:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード